プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
アメリカでもLEDイルミネーション 白熱電球回収もあり
クリスマスの電飾にもエコの流れ~ロックフェラーのツリーもLEDで省エネ[www.usfl.com]

 高価だが少ない電力で長持ちするLED発光ダイオード)をクリスマスのイルミネーションに使用する傾向が高まっている。
 USAトゥデイによると、ニューヨーク名物ロックフェラー・センターのクリスマスツリーは今年初めて、ツリーの電飾を3万個のLEDへと切り替えた。ワシントンDCのナショナル・クリスマスツリーや、ニューヨークのタイムズ・スクエアで行われる大晦日のカウントダウンに登場するボールも、今年からLEDを採用している。
 消費者の間では以前からすでにLEDの需要があり、製造業者や小売店によれば、LEDの売り上げはここ数年上昇傾向にある。LEDがイルミネーションとして登場したのは2000年に入ってから。色、輝き、種類ともに年々改良され、フィリップス・ライティングによれば、同社のクリスマス用LEDライトの売り上げは現在、全体の10.5%を占め、2年前の3.5%と比べ大幅増となっている。
--(cut)--
 白熱球ライトは、フィラメントが焼き切れたり、ガラスが割れたりするのに対し、LEDは熱くなったり、割れたりすることがない。ただし、LEDの価格は白熱球ライトの倍以上するため、元を取るには数年かかるという。また、古い白熱球ライトの処分をどうするかという問題もある。現在、いくつかの電力会社とLED会社1社が、回収や下取りを行っている。


LED(発光ダイオードイルミネーションがアメリカでも使われ始めています。消費電力の低さ、寿命の長さがポイントのようです。あと、古いイルミネーションの処分について、電力会社やLED会社が回収や下取りをしているそうです。これはいいですね。省エネ、低環境負荷もLEDの特徴ですが、LEDイルミネーションを買うことによってうまれるゴミのことをちゃんとケアしましょう。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

利用 | 【2007-12-26(Wed) 07:56:36】 | Trackback:(2) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

照明器具 に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。
【2007-12-26 Wed 09:32:08】 | マッシュアップサーチラボ
NY新年恒例のミラーボールが大型化、季節行事にも活用[www.cnn.co.jp] ニューヨーク州ヤンカーズ(AP) 米ニューヨーク恒例の新年カウント...
【2008-11-11 Tue 21:52:24】 | LEDマニア

Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。