プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
LED/蛍光灯ハイブリッド球
LED電球の実力を測る~LED/蛍光灯ハイブリッド球もレポート[pc.watch.impress.co.jp]
toshiba_hybrid
 LEDライトは懐中電灯やペンライトなどの小型の照明で大いに普及しており、従来の豆球を殲滅する勢いだ。今回の製品は、もっと大型のもので、一般的な白熱電灯用のE26ソケットにそのまま装着し、LEDの特性である省電力/長寿命が、ご家庭でも享受できるという、とても興味深い製品だ。
--(cut)--
 さらに、ちょうどタイミング良く、東芝ライテックから蛍光灯LEDハイブリッド電球という、謎の製品も登場したので、これも交えてレポートをお届けしよう。
--(cut)--
 一般的な照明には蛍光管を使い、常夜灯にはLEDを使う。1つの電球の中に2つの光源が入っており、LEDは電球の先端に仕込まれている。通常照明と常夜灯の切り替えは、電源スイッチで行なう。普通にスイッチをオンにすると、通常照明となる。いったんオフにしたあとで、間を置かずに再びオンにすると常夜灯モードになる。寝る前に常夜灯モードに切り替えておけば、消費電力をあまり気にすることなくある程度の照明ができるので、廊下の照明などに向いている製品だ。ちなみに、しばらく間を置いてオンにすれば通常照明モードに戻る。新宿の東急ハンズで購入。価格は1,480円だった。
--(cut)--
 現状では、LED電球の価格は非常に高い。白熱電球が百円前後、電球型蛍光灯が数百円のところ、2,000円~4,000円もする。
 その分、低消費電力であることと、長寿命であることがメリットとなっている。
 特に寿命は、1,000~1,500時間といわれる白熱灯や、6,000~10,000時間といわれる電球型蛍光灯に対し、LED電球は約50,000時間と長い。
 あまり明るさを必要とせず、多数の電球を扱う電飾関係であれば、電気代が削減され、交換の手間も少なくなるというメリットは大きい。
 ただ、一般家庭においては、まだ用途が限られるというのが正直な感想だ。


電球ソケットにさせるLED(発光ダイオード)ライトが東芝ライテックから発売されました。新たな形のLEDライトが家庭用照明としてデビューしましたね。

ただしまだ明るさは不十分のようです。用途に合わせて蛍光灯とLEDの光源を切り替えられるLED/蛍光灯ハイブリッド型は良いアイデアですね。また、このような電源を使ったスイッチも最近の照明器具では良くありますね。便利だと思います。この切替が自動でできるようになれば、とも思いますが、それは使い道にもよりそうです

LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

製品 | 【2006-08-31(Thu) 01:47:44】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
でも値段はちょっと高いですね
2011-01-14 金 17:05:47 | URL | なつ #R3kBtSz2 [ 編集]
「有害排気ガスをLEDの照射で半減する」
夢のような事を長いこと行い、主として国外で大きな評価を頂き特許も取得しています。
日本国内では評価をして頂いていませんが、
日本の方々は大きな企業で無いと良くっても評価や関心が無いのですヨ。
今回提携先とパワーLEDを使って集魚灯と作業灯を作って販売を始めました。
交流と直流24Vの両方で使用できます。
日本製のLED素子を使っていますから消費電力が少なくて明るいと評判です。
60Wで約4900ルーメン以上の明かりです。
一般の工場内部の高所作業灯や公園、競技場、道路照明、船上の照明などの広い用途に使えるように作りました。最近はイカ釣り船、秋刀魚船に引き合いが増えました。パワーアップした集魚灯で現在水産庁の実証試験をしています。
他社さんと比較すると格安なので初期投資が少なくなると思っています。特に水産業のお手伝いをしたいと考えています。
HPのLED灯は今、準備中です。


2011-02-02 水 17:12:00 | URL | 野口博文 #Lr7u4NGM [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい