プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
太陽電池変換効率アップでルミウォールも高出力化 シャープ
シャープ、トリプル型薄膜太陽電池の量産技術を開発[jp.ibtimes.com]

 24日、シャープは、トリプル型薄膜太陽電池の量産技術の開発に成功し、今年5月から葛城工場(奈良県)にて生産を予定していると発表した。従来のアモルファスシリコンと微結晶シリコンの2層構造をアモルファスシリコン(2層)と微結晶シリコン(1層)の3層構造にすることで、セル変換効率を従来の11%から13%、モジュール変換効率を8.6%から10%に高めている。
--(cut)--
 加えて、このトリプル型薄膜太陽電池を建材一体型のシースルーモジュールやLED一体型モジュール「ルミウォール」に適用することで高出力化が可能となり、応用範囲の拡がりが大きく期待されるという。


太陽電池の大幅な効率アップです。LED発光ダイオード)と太陽電池は相性が良いので、この組み合わせで応用範囲の広がりが期待できますね。

参考:ルミウォール[www.sharp.co.jp]
昼間は太陽電池で発電するとともに、薄膜シ-スル-太陽電池を透過した太陽光で採光でき、夜間はLEDによる照明で、昼夜を問わず太陽光を存分に活用できる、環境を考えた新世代の太陽電池モジュールを実現しました。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

研究・開発 | 【2007-01-25(Thu) 22:46:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい