プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
市販品LEDを用いて可視光通信 614Mbps 近畿大
近畿大、市販品の単独LEDを用いた可視光通信で614Mbpsの通信速度を実現[news.mynavi.jp]

近畿大学は10月15日、白色LEDの光を使って高速の光通信を行う「可視光通信」で、単独のLED光源を用い、信号増幅のための特別な部品や装置を一切使わずに行う実験としては世界最速クラスの614Mbpsのデータ通信速度を実現したことを発表した。同成果は、同大工学部 電子情報工学科の藤本暢宏 教授の研究グループによるもので、成果は2012年9月19日、光通信に関する世界最高峰の学会「ECOC 2012」にて発表された。
可視光通信は、LEDを高速で点灯・消灯させることでデジタル信号化した光を、受光素子が感知することによりデータの伝送を行うというもの。目に見える光が届く範囲で通信を行うため、データ漏洩などのリスクが小さいとされ、照明機器を用いた家庭内の情報ネットワークや交通安全システムなどでの活用が期待されている。
今回の実験は、特別な部品や複数のLED光源を用いた信号の増幅なしに、単独のLED光源を含むすべての部品に市販品を用いることで、LEDの単純な点滅によるデータ通信速度を試したもの。LEDの単純点滅という本質的な機能と低コストな環境を前提とすることで、将来の実用化につながる研究成果を得ることを目的としており、その結果、同じ条件で従来、最速であった125Mbpsを大幅に上回る614Mbps(伝送距離40cm)を記録したという。
高速化を実現できた要因としては
隣り合う信号同士の干渉を許容する「デュオバイナリー伝送」技術を活用したこと
送信部と受信部の双方に抵抗とコンデンサからなる簡素な回路を導入し、応答を速めたこと
が挙げられると研究グループでは説明している。
--(cut)--


近畿大の研究グループが、すべてのLED及び部品に市販品を用いたシステムにより、40cmの距離を伝送レート614Mbpsで通信できることを確認しました。これまでの最速記録125Mbpsの約5倍です。また、技術的なポイントの1つは、「デュオバイナリー転送」というもので、隣り合う信号のシンボル間干渉を許容するものです。
電波の無線通信と異なり、可視光の無線通信である可視光通信では電波を使いません。そのため、電波を出してはいけない環境での使用や、外部からの電波の影響を受けたくない環境で使用することができる点がメリットです。一方、電波の無線通信では、さまざまな通信規格が登場し、高速化、低消費電力化、耐障害性の強化などの研究が行われ、現在も進行中です。可視光通信は、メリットを生かせるアプリケーションがなかなか見つからないのが現状です。
この研究によれば、市販品のLED及び部品を用いて安く通信システムを実現できます。また、複数の波長を用いるようにしたり、伝送距離を長くする工夫を入れるたりすることで、“使える”可視光通信の実現に近づくように思われます。可視光通信ならではのアプリケーションを考えていきましょう。すばらしい。

LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

研究・開発 | 【2012-10-16(Tue) 07:22:42】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。