プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
LED照明のミニ家庭菜園 6次産業の一形態としても
LED利用、野菜栽培...秋田の企業が装置開発[www.yomiuri.co.jp]

 秋田市のベンチャー企業「ベジメイク」が、発光ダイオード(LED)を利用した水気耕栽培装置「asunal(アスナル)」を開発した。室内におけるミニチュア「家庭菜園」を営むことが可能で、インテリアを兼ねた飲食店の業務用途も見込んでいる。
 アスナルは、市販のキャスター付きラックを改造し、各段に置いた野菜栽培槽を、天板に設置したLEDパネルの光で照らす。発芽させた種を、通常サイズの野菜なら最大15個植えることができる栽培槽には、ラック最上部のタンクから液体肥料が常時供給される仕組みになっている。
 試作段階では、レタスやクレソンなど約20種類の栽培に成功。パネル1枚につき、LEDを160個程度取り付け、1個あたりの負荷を軽減して安定的な光量を確保する工夫も凝らしている。
--(cut)--


室内でLEDを光源とする水気耕栽培装置が開発されました。室内でミニ家庭菜園が実現します。ミニ家庭菜園で野菜を収穫するだけでなく、そのミニ家庭菜園でLED照明で照らされて育つ野菜がインテリアとなります。おもしろい。
上記記事の中に、「6次産業」という言葉がでてきます。1次産業を、2次産業及び3次産業と連携、融合させることでできる新たな産業をいいます。1次産業自体は地味なものととらえられがちですが、都会生活とは縁遠いものとなったため、その場で手軽に体験したり、作られた物を購入したりすることにより、都会生活と1次産業とを結び付けるようにすると価値がでてきます。新しい形のビジネスとして注目しています。

LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

利用 | 【2012-10-15(Mon) 07:34:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。