プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
日本電球工業会JEL801規格準拠の直管形LEDランプについて 規格と製品のまとめ情報
価格低下と明るさ向上が進む直管形LED、最新製品徹底比較[www.itmedia.co.jp]

 現在、NECライティング、シャープ、東芝ライテック、パナソニック エコソリューションズ社、三菱電機といった大手家電メーカーが販売している直管形LEDランプは、日本電球工業会の「JEL801」という規格に準拠したものだ。
 JEL801準拠品の特長は2つ。1つ目は、ほかと間違えることがない独自の形の口金を備えていること(図1)。海外メーカー品を中心に、既存の蛍光灯の口金(G13型口金)を流用する品物が流通している。これらの製品は現在使っている照明器具を改造することでLEDランプを取り付けることができるが、改造の方法が製品によってさまざまだ。改造の方法を誤ると、点灯しないばかりか、事故につながる可能性もある。
--(cut)--
 もう1つの特長は、「蛍光灯と見え方が変わらない光を発する」ように、性能要件を定めていることだ。JEL801規格が定めている性能要件のうち主なものは4つ。全光束、光を拡散させること、色の見え方、消費電力だ。
--(cut)--


日本電球工業会のJEL801規格準拠の直管形LEDランプについて、規格のポイントと、大手メーカが販売している直管形LEDランプの仕様についてまとめられています。規格としては、口金の形状と、光の質について定められています。光の質については、具体的には、全光束、光の拡散性、演色性、消費電力の4つの性能について、蛍光灯と同様になるように具体的に数値をもって定められています。
直管形LEDランプは、直管形蛍光灯を置き換える用途として、独自の器具を用いるものと、蛍光灯の器具をそのまま用いるものが登場しましたが、一長一短でした。独自の器具の方は、LEDランプに適した回路になるため発光効率が良い一方、器具の付け替え工事が必要というデメリットがあります。また、蛍光灯の器具の方は、器具はそのままえよいですが、LEDランプには不要な回路(例えば、蛍光灯の発光に必要な安定器)で余計な電力消費があること、その回路の老朽化によりLEDランプの性能に悪影響を及ぼすおそれがあることなどのデメリットがあります。そのような中で登場したJEL801規格は、独自の器具を用いる方に含まれます。器具の置き換えが必要ではあるものの、業界団体が主導するため、複数のメーカ間で共通に使えるというメリットがあります。どの方式が残っていくでしょうか。

LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

市場 | 【2012-08-03(Fri) 07:07:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。