プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
スマホでLED可視光通信できる アウトスタンディングテクノロジー
LED通信によるスマートフォン連携位置情報システムと可視光トランシーバー[jp.diginfo.tv]

アウトスタンディングテクノロジーは、LEDライトで情報を送ることができる可視光通信技術を使った製品として、スマートフォン対応のロケーションサービス「Commulight システム」と可視光トランシーバー「TR01」を商品化しました。
Commulight システムは、スマートフォンに直接接続可能な受信機と、送信機を内蔵したLEDライトで構成され、LEDライトが発するIDを受信端末で取得することで、その場所に応じたコンテンツを配信する仕組みです。受信機は、USB接続タイプとイヤホンマイク端子につなげる小型タイプの2種類が用意されています。
"一番分かりやすいのは美術館や博物館の作品ガイダンスです。例えば、その作品の前に立つとその作品のガイドがスマートフォンに表示されるという用途が一番分かりやすいです。あるいは、ビルの中で店舗の案内、あるいはポイントラリーや各種イベントのクーポンなどに使うことができます。"
--(cut)--


スマホ(スマートフォン)で、LED光源の可視光通信をできるようにする「Commulightシステム」です。スマホに接続するトランシーバには、USB接続タイプとイヤホンマイク端子接続タイプとがあります。LEDが発するIDを受信し、その場所に応じたコンテンツを端末に配信するようなサービスが考えられます。
可視光通信は、可視光通信ならではのサービスやアプリケーション(キラーアプリ)がなかなか登場しないのが現状であると思います。IEEE802.11のような電波による無線通信では実現できなかったことで、可視光通信により実現させることができると言えるものは何でしょうか。可視光通信の通信可能範囲は、電波無線通信よりも限られた範囲に絞ることができます。また、通信可能範囲を、人間が光として「見る」ことができます。通信チャネルの違いは光の色の違いとして見えます。このようなおもしろい特徴を生かしてどのようなサービスを提供できるでしょうか。少しずつ手を動かして探っていきましょう。すばらしい。

LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

利用 | 【2012-08-01(Wed) 07:13:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。