プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
赤レーザーと青緑LEDで色再現性向上したテレビ 三菱電機
三菱、赤色レーザー+LEDの55型液晶TV「REAL LASERVUE」-レーザー+DIATONEスピーカー。実売38万円[av.watch.impress.co.jp]

 三菱電機は、バックライトに赤色レーザー光源とシアン色LEDを使って色再現性を向上した55型液晶テレビ「REAL LASERVUE(リアルレーザービュー)」(LCD-55LSR3)を6月29日に発売する。価格はオープンプライスで、想定売価は38万円前後。当初月産台数は3,000台。
--(cut)--
■ 赤色レーザー+シアン色LEDバックライトを採用
 赤色レーザー+シアン色LEDのバックライトを採用した液晶テレビ。パネルは55型/1,920×1,080ドットのフルHDで、別売の3Dメガネ「EY-3DGLLC2」を追加することで、3Dにも対応する。
 R(赤)にレーザーを、G(緑)/B(青)には新開発のシアン(青緑)LEDを採用し、両方の光を効率良く液晶パネルに投射するバックライト光学系を新たに開発した。赤色レーザーは左右に16個、合計32個を搭載し、左右のエッジ側に照射、プリズムで反射させる。エッジライトのシアンLED光源は左右に合計160個搭載し、赤色レーザーの反射した光とあわせて、導光板と光拡散フイルムにより画面全体に光を導く。三菱電機ではこのパネルを「LASERVUE Panel」と命名している。
 人の目で識別しやすい赤色に純度の高いレーザーを採用したことで、赤い色の再現性や階調表現が向上し、真紅から桃色、紫などの色をより鮮やかに再現可能とした。また、白色LEDでは各色成分が混合して濁った光となるが、緑と赤の光波長がきれいに分離されているため、深緑やスカイブルーなどの色再現性も改善。白色LEDバックライト搭載のモデルに比べて色再現範囲を約1.29倍に拡大した。x.v.Colorにも対応する。
--(cut)--


三菱電機の新しい液晶テレビで、赤レーザーと青緑LEDを併用するバックライトを搭載する製品です。液晶テレビのバックライトに白色LEDを用いるのが一般的になってきていますが、白色LEDだと赤と緑の間の波長成分があるために、赤または緑の色再現性がよくない場合がありました。そこで、赤を表現するための光源(レーザー光)と、緑~青を表現する光源(LED)とを搭載し併用することで、赤と緑の間の波長成分をなくすことができます。その結果、色再現性を改善することができます。
近年、様々な分野でLEDの利用が急激に高まりましたが、用途に合わせてLEDと異なる光源との併用をすることでさらに良いものを実現することができそうです。すばらしい。

LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

製品 | 【2012-06-01(Fri) 07:44:59】 | Trackback:(1) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

管理人の承認後に表示されます
【2012-06-02 Sat 04:17:27】 |

Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。