プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ルーブル美術館の照明がLED照明に置き換え中 東芝製LED照明
東芝、ルーヴル美術館「モナ・リザ」の展示照明をLED化 ~外観照明に続き、館内照明にもLED器具を提供[kaden.watch.impress.co.jp]

 東芝は、仏ルーヴル美術館と進めている照明改修プロジェクトの第二弾として、館内照明の一部を自社製のLED照明器具に置き換える。
 対象となるのは、レオナルド・ダ・ヴィンチ作「モナ・リザ」やダヴィッド作「皇帝ナポレオン1世と皇后ジョセフィーヌの戴冠」など重要な絵画が展示される大型展示室「赤の間」で、2013年5月末までにLED化を行なう。
 また、メインエントランス「ナポレオン・ホール」の照明も2014年前半までにLED化する。
 東芝は、ルーヴル美術館の照明改修についてパートナシップを結んでおり、2010年から2023年にかけて建築物の外観照明を行なっている。すでに、第一弾として5月12日までにナポレオン広場全体のLED照明化が終了した。LED照明化によって、消費電力は従来比で73%削減されたという。
--(cut)--


ルーブル美術館の照明の一部の置き換えが進んでいます。従来のキセノンランプから、LED照明(東芝製)に置き換えられています。世界的に重要な美術品を照らす照明としてLED照明が使われ始めています。
美術品を照らす照明には、照明の照射方向や光量、光自体の色合い、照射されるものの色合い、照明器具の形状、デザインなど多くの要素があり、それらをバランスよく調和させることが必要とされます。この照明の開発に至るまでには、多くの苦労があったことと想像されます。そして、このような苦労を経て、さまざまな分野の照明にLED照明が広がっているのもまた事実です。ルーブル美術館へLED照明が導入されたことは、LED照明が普及していることの一つの象徴といえそうです。すばらしい。

参考:
ルーブル美術館にLED照明 東芝LED照明[ledmania]
ルーヴル美術館に東芝のLED照明[ledmania]

LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

利用 | 【2012-05-26(Sat) 07:49:19】 | Trackback:(1) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

管理人の承認後に表示されます
【2012-05-26 Sat 09:37:25】 |

Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。