プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
LED照明をクラウド連携させやすくなるM2Mモジュール NEC
NEC、センサ情報の収集・分析を統合的に実現する組込みM2Mモジュールを発売[www.rbbtoday.com]

 日本電気(NEC)は9日、温度や電力など各種のセンサ情報の収集や、家電やLED照明などの制御を統合的に実現する組込みM2Mモジュールの販売を開始した。
 従来のM2M(Machine to Machine、機器間通信)では、用途ごとに専用の機器を開発するケースが一般的だった。今回NECでは、情報の収集・分析・加工、機器の制御、さらには、クラウドと連携したデータ管理などを統合的に実現する組込みM2Mモジュールを開発。本製品は、汎用的なプラットフォームをベースとしているため、企業の利用環境に適したセンサや通信手段を選択し搭載することが可能。
 設置環境等の条件に応じて、センサネットワークにおける適切な通信手段(900MHz帯/2.4GHz帯/ZigBee/RS-485等)を選択可能。M2Mシステムに適した組込みコンピュータ機能も搭載する。またM2Mサービスを実現するためのアプリケーションやシステム基盤などを、クラウドサービスで提供する「CONNEXIVE」との連携機能を搭載。デバイスからクラウドまで、一貫したサービスをNECが提供する。
--(cut)--


NECがLED照明などの制御のための組込みM2Mモジュールの発売を開始しました。LED照明などの制御インタフェースといろいろな通信インターフェースが搭載されていて、インターネット接続を利用してクラウドサービスと連携することもできます。
このモジュールを使えばLED照明や家電をクラウドサービスと連携させるのが楽にできます。オープンな規格を利用して新たにこのような連携をする場合には便利に使えそうです。反対に、独自規格であっても、すでにサービス携帯ができあがっているような場合には新たに利用することはなさそうです。どのくらい需要が見込まれるでしょうか。興味深いところです。すばらしい。

LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

製品 | 【2012-05-15(Tue) 07:26:34】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。