プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
奈良興福寺の阿修羅像の照明にもLED 一石三鳥
興福寺国宝館:照明切り替え、「一石三鳥」LEDへ 見やすく省エネ、像にも優しく /奈良[mainichi.jp]

 奈良市の興福寺国宝館は、阿修羅像(国宝)などを展示するコーナーの照明を、従来のハロゲン電球から発光ダイオード(LED)電球に切り替えた。来場者からは「見やすくなった」と好評な上、LEDは仏像の変色を抑え、消費電力も削減できる「一石三鳥」の効果があるという。
--(cut)--
 LED電球約50個が新設されたのは、阿修羅像を含む乾漆八部衆立像と、乾漆十大弟子立像が展示される一角。LEDにはハロゲンの光に含まれる紫外線や赤外線、熱がほとんどないとされ、国宝館は「仏像への損傷をできるだけ防ぎたい」と約1年前から検討し、3月下旬に導入した。
--(cut)--


奈良の興福寺の阿修羅像などの展示の照明がハロゲン電球からLED電球に切り替えられました。LED電球に置き換えることにより、くっきりとした陰影が表現され、紫外線及び赤外線が照射されなくなるため展示品の傷みが少なくなり、さらにLEDゆえに消費電力が少なくなります。一石三鳥です。
LED照明を美術品の照明として用いると多くのメリットがあります。照射対象が美術品ですので、演色性の高いものを選ぶのがよいですね。どんどん使っていきましょう。すばらしい。

LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

利用 | 【2012-04-26(Thu) 07:15:47】 | Trackback:(2) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

管理人の承認後に表示されます
【2012-04-26 Thu 07:30:43】 |
管理人の承認後に表示されます
【2012-05-02 Wed 08:49:37】 |

Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。