プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
LED山車 低消費電力&バッテリー搭載量削減でエコ
LED山車、常滑地区で計4台に[www.chunichi.co.jp]

 十四、十五日に常滑市中心部で開く常滑地区春の祭礼に、ちょうちんを発光ダイオード(LED)化した山車二台が新たに加わる。LEDの山車は四台に増え、夕方から夜の引き回しでは、環境に優しい祭りを演出する。
 常滑地区には六台の山車があり、二〇〇九年に保示区の保楽車(ほらくしゃ)がちょうちんの光源を白熱電球からLEDに切り替え。翌年に瀬木区の世楽車(せらくしゃ)が続いた。奥条区の常石車(とこいしぐるま)と北条区の神明車(しんめいぐるま)は、昨年の祭りに合わせてLED化したが、東日本大震災に配慮して夜の引き回しが中止されたため、お披露目が今年に延びた。
 神明車は昨年の五十周年事業の一環として企画。ちょうちん百八十九個と彫刻を照らす照明を、すべてLEDに変えた。十八個のLEDをらせん状に巻き付け、電球の代わりにした。五十周年実行委員長の渡辺一市さん(59)は「点灯の操作もしやすくなった。彫刻を照らせるのもありがたい」と期待する。
--(cut)--


お祭りの山車のちょうちんの灯りにLEDが使われ、環境にやさしいお祭りが演出されます。
これまで白熱電球が使われてきたちょうちんの光源にLEDが利用され、低消費電力になります。低消費電力になるため、山車に積むバッテリーも少なくてよくなり、車輪の負荷が下がります。白熱電球を使うことを前提に組み上げられたシステムが、LEDを利用することによりスリムになるのが分かります。消費電力が低下するだけでなく、使用する材料を減らすことでもエコにつながります。すばらしい。

LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

利用 | 【2012-04-17(Tue) 07:47:36】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。