プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
高速道路の渋滞を緩和するLED
渋滞緩和:LED点滅で視覚誘導実験 中日本高速[mainichi.jp]

 中日本高速道路(名古屋市)が、人間の視覚を利用した国内初の渋滞緩和策の実証実験を進めている。高速道路沿いに多数設置したLED(発光ダイオード)を順番に点滅させて「車と並走する光」を出現させると、ドライバーは光につられ、スピードを過度に落とさなくなるという。14日には新東名高速が静岡県内で開通予定。同社は交通円滑化の切り札にと期待し、特許を申請中という。
 2台の車が並走した場合、速度の遅い方の運転手は「自分の車は後退している」と錯覚してしまう。ベクション(視覚誘導性自己運動感覚)と呼ばれるこの現象を応用した「視覚誘導システム(仮称)」だ。
 実験は東名高速下り線の宇利トンネル(愛知・静岡県境、913メートル)付近。トンネルは中間地点まで上り坂になっているため、ドライバーは速度を落とす傾向があり、渋滞につながりやすい。宇利トンネルでも1キロ以上の渋滞が年間約40回発生している。
--(cut)--


高速道路のトンネルや上り坂などで発生する渋滞に対して、車と並走するようにLEDを点灯させることにより、ドライバーにスピードを落とさせないようにすることができます。その結果、渋滞が緩和されます。
ドライバーは周囲の状況を判断してスピードの調節を行うわけですが、トンネルや上り坂などではドライバーが無意識的にスピードを落としてしまうため、渋滞が発生します。車と並走する光をドライバーに見せることにより、ドライバーは速度が変化したことを認識し、スピードを落とすのを防ぐことができるというストーリです。
興味深い研究だと思われますが、並走する光が気になって新たな事故が誘発されないのか心配になってしまいます。何事もほどほどにいきましょう。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

研究・開発 | 【2012-04-14(Sat) 07:37:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。