プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
超薄膜LEDの製造方法が開発
ガラス窓発電も可能に 超薄膜のLED材料を開発[www.kahoku.co.jp]

 青色発光ダイオード(LED)の材料でもある半導体の窒化ガリウムの超薄膜を、低コストでつくる方法をNTT物性科学基礎研究所(神奈川県厚木市)のチームが開発し、12日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 やわらかく曲げられる薄型LEDや、ガラス窓に貼る太陽電池などへの応用が可能。同研究所の小林康之主幹研究員は「紙やプラスチック、金属などにも貼り付けられ、応用範囲が大きく広がる」と話している。
 チームは、基板の上にまず、はがれやすい別の結晶を層状につくり、その上に窒化ガリウムの薄膜を作成。薄膜だけはがし取ることに成功した。
--(cut)--


LEDの材料となる窒化ガリウムの超薄膜を製造する方法が開発されました。この方法を応用して超薄型LEDや、超薄型太陽電池など作ることができます。
照明光源としてのLEDに注目が集まったころ、LEDは硬く曲げられないが、有機ELは薄く曲げられるため、有機ELを用いると薄くぺらぺらなディスプレイが実現する。LEDではこのようなディスプレイは実現できない。という説明がなされていました。しかし、LEDが照明光源として認知され研究が進み、薄く曲げられるLEDが実現しつつあります。必要は発明の母。いまできないと思われていることでも、その価値および必要性が高ければ、実現のための研究が進み、何らかの形で実現するものです。最初の価値観にとらわれず、頭をやわらかく、あきらめないで突き詰めることが大事です。すばらしい。

LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

研究・開発 | 【2012-04-13(Fri) 07:24:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。