プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
青色LEDでキノコ栽培 エリンギの形状を変える
キノコ:青色LEDで栽培 光に強弱、品質調整 県森林技術センターで実験 /奈良[mainichi.jp]

 LED(発光ダイオード)の照明を使ってキノコの収量を上げる研究に、県森林技術センター(高取町)が取り組んでいる。エリンギを使った同センターの実験では、青色LEDの光の強弱で、柄や傘といった成長部位が変わることが確認された。同センターの小畠靖・主任研究員は「キノコ栽培に適したLED照明が開発されることで、きめ細かい品質調整が可能になる」と期待している。
 小畠主任研究員によると、菌糸が土中や木材の中で成長するには光は要らないが、キノコとして成長していく過程では光が必要になる。室内栽培のキノコには、照明として蛍光灯が使われることが多い。LEDは寿命が長く消費電力も少ない。また、単一の波長(色)の光を出すことが可能で、特に青色光がキノコの成長を促すことは既に判明している。ただ、LEDは導入コストがかかるため県内での普及率は低いという。
--(cut)--
光を全く照射しないと柄の部分が長く傘は小さかったが、光を強くするほど柄が短く傘が広がった。また、光が強いほど傘の色が濃くなった。
--(cut)--


LED照明を利用したキノコ栽培です。青色LEDの光の量を調節することで、エリンギの柄を太くする、又は、傘を大きくするといった調節ができることが確認されました。日本では柄が太いエリンギが好まれますが、ヨーロッパでは傘が大きいものが好まれます。光の量を調節することにより両方に対応することができます。
LEDの光により単に成長を促進するだけでなく、キノコの形状を変えることができる点が興味深いと思います。他のキノコにも応用することができるでしょうか。おもしろい!


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

研究・開発 | 【2012-03-19(Mon) 07:47:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。