プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ダイレクト冷却式ハイパワーLED技術搭載の植物工場 西松建設 玉川大学
西松建設、玉川大学と提携、冷却式LEDを採用した植物工場を建設[kankyo-business.jp]

西松建設は、玉川大学と連携し、「ダイレクト冷却式ハイパワーLED」による植物水耕栽培システムを取り入れた植物工場の事業化を目指し、共同研究・開発に着手すると発表した。玉川大学校内に植物工場を建設し、10月にリーフレタスの生産からスタートする。2年後の生産設備の増設、最終的な量産体制の実証工程を経て、生産性と高品質化を両立させた収益性の高い事業化モデルを確立し、多方面への提供を目指す計画だ。
今回の植物水耕栽培システムで使用する「ダイレクト冷却式ハイパワーLED」は、玉川大学農学部の渡邊博之教授が開発に成功したもので、今までにないLEDチップの冷却方式の採用により、植物栽培光源として10年以上の出力の維持、それに伴うコストの削減を実現させた。現在特許出願中だ。
--(cut)--
「ダイレクト冷却式ハイパワーLED」は、LEDチップをアルミの基盤に接着することで、LEDチップを強力に冷却し、フルパワーで10年以上使用しても植物栽培光源として充分な出力を保つことを可能にしたモデル。このモデルの使用により、LED点灯時の発熱に起因した、LEDチップの劣化とそれに伴う出力低下が回避できるため、LEDを高出力で連続点灯でき、更にLEDの交換コストを大幅に軽減することができる。
--(cut)--


西松建設と玉川大学が共同研究により植物工場の事業化を目指します。玉川大学で開発された「ダイレクト冷却式ハイパワーLED」技術は、熱伝導率の高いアルミ基板上にLEDチップを接着し、LEDの発熱をアルミ基板へ逃がすものです。これにより、LEDが高温になるのを防ぎ、LEDの品質劣化を抑えます。
最近LED光源を利用した植物工場の話題が多くなってきたように思われます。また、話題の内容が現実的になっているようにも思われます。原発の事故の影響も少なくないのでしょう。自然界と隔離された形で育つ野菜も上手に利用していく時代になっていきます。

LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

研究・開発 | 【2012-02-13(Mon) 07:33:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。