プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ルーブル美術館にLED照明 東芝LED照明
東芝、ルーヴル美術館にLED照明を提供 ~12月6日からライトアップ用に点灯[kaden.watch.impress.co.jp]

 東芝は、フランス ルーヴル美術館の照明改修プロジェクトに参加し、LED照明を提供すると発表した。
 最初の取り組みであるナポレオン広場(コルベール)、ピラミッド、ピラミディオンのライトアップ照明をLED照明に改修し、12月6日(現地時間)にナポレオン広場で点灯記念式典を行なう。
 現行のキセノンランプなどによる照明器具4,500台(392kWh)を、東芝製LED照明器具3,200台(105kWh)に交換することで、約73%の節電になるという。
 今後、2012年4月の完成を目標にナポレオン広場の改修工事を進め、クール・カレ(方形の中庭)の照明についても、2013年の完成を目指すとしている
--(cut)--


フランスのルーブル美術館の照明改修プロジェクトで東芝がLED照明を提供します。キセノンランプの照明器具をLED照明に交換することにより、73%の節電になります。
LED照明により消費電力を下げることができますが、美術館に導入するLED照明には高い演色性が求められると考えられます。明るいだけでなく、照らすものの色合いを自然光の下での色合いに近くすることが必要とされます。世界的な美術館に採用されるのはLED照明として大変名誉なことです。すばらしい。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

利用 | 【2011-11-19(Sat) 07:14:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。