プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
LEDの光と音で野生動物を追い払う装置 太田精器
LED光と音声でエゾシカ撃退 太田精器が装置開発[www.nikkei.com]

 金属・精密機械加工の太田精器(奈井江町、太田裕治社長)は発光ダイオード(LED)照明を使った鳥獣を追い払う装置を開発した。1台20万円程度で10月をめどに発売する予定。複数のLED光と音声を組み合わせ、農産物の被害が深刻なエゾシカ対策などに効果があるという。
 「LED鳥獣忌避装置」は長さ40~50センチ、幅約3.5センチのLEDモジュールを7本並べ、それぞれに赤、青、黄、白色のフィルムを巻き付けて作った。農地などに設置し、シカなどの鳥獣が近くを通ると赤外線センサーが感知。強いLED光が10~15秒程度点灯する仕組みだ。
 光の点灯と合わせ、「銃声」「象の声」「ライオンの声」「シカが発する警戒音」の4パターンの音声も出す。音声は12パターンまで増やすことが可能。光の点灯パターンも数種類設定し、音声と組み合わせることでシカなどが慣れないよう工夫を凝らした。
--(cut)--


LEDの光と音を組み合わせて、農産物の被害を食い止める「LED鳥獣忌避装置」が開発されました。エゾシカ、ニホンカモシカ、クマ、イノシシなどの野生動物に効果を発揮します。10月より販売されます。
これらの動物達が人間の近くまで来るようになった理由の一つには人間が自然環境を変えてしまったことがあると考えられます。自然環境を元通りに戻すのが理想だと思いますが、長い時間がかかるでしょう。取り急ぎの対策として、人間の住む場所と野生動物の住む場所の境界を、光と音で知らせるのは有効だと思います。上手に利用していきましょう。また、長期的には、野生動物が安心して生活できる自然環境に戻していくことにも取り組みましょう。すばらしい。

LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

製品 | 【2011-09-16(Fri) 07:20:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。