プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
特に器具交換不要な直管形LED照明に対して注意
蛍光灯替わりの直管LED注意 タイプ違うと焦げるケースも[www.tokyo-np.co.jp]

 蛍光管に替えて使える直管形LED(発光ダイオード)は、照明器具の方式に合ったものを使うように、東京都が注意を呼び掛けている。照明器具自体を直管形LED対応に替えれば問題ないが、蛍光灯の器具と方式が違う直管形LEDを取り付けると、場合によっては点灯せず、焦げて故障する恐れもあるという。
 都によると、LEDは手軽な節電方法として注目されているが、電球形に比べて直管形は未成熟の分野。蛍光管を使う照明器具は点灯方式により、大きく分けて「スタータ式」「ラピッドスタート式」「インバーター式」がある。三つのタイプに対応した直管形LEDを選ばなければならない。
--(cut)--
 そもそも蛍光管用の器具はLEDの使用を想定していないため、業界団体の日本電球工業会(千代田区)は「安全性や性能が不十分」として、蛍光灯とは違う口金のLED照明の規格を昨秋に策定するなどしている。都は「高価な商品でもあるし、最悪の場合、火災の恐れもある。事前に器具の方式をメーカーなどに確認してほしい」としている。


直管形LED照明を使用する際の注意を東京都が呼びかけています。
節電のためということもあり直管形蛍光灯を置き換えることができる直管形LED照明が急速に普及していますが、器具の交換なしに導入できるタイプのLED照明に対して、蛍光灯用に組み込まれている安定器などの回路部分が正常動作しないことがあります。発熱などして危険な場合もあります。
LED照明の普及と同時に、LED照明に対する正しい知識も普及することが望まれます。

LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

利用 | 【2011-08-05(Fri) 19:30:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。