プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
来年からLED電球が電安法(PSE法)対象に
LEDランプが2012年7月からPSE法の規制対象に追加[kaden.watch.impress.co.jp]

 経産省は、電気用品安全法(PSE法)の規制対象に、来年からLEDランプ・LED電灯器具が追加されることを発表した。同法の改正は7月6日に公布され、2012年7月1日から施行される。
 PSE法は、電気用品による危険や障害の発生を防止することを目的とした法律。国が定める技術基準に適合し、その基準への適合を示す「PSEマーク」が表示されない製品は、国内では流通できない。
 今回の改正では、定格消費電力が1W以上のLEDランプ、およびLED電灯器具(防爆型は除く)が、規制対象品目として追加される。LEDランプでは、口金が定格電圧が100~300Vかつ定格周波数が50/60Hz(ヘルツ)のものが対象となるため、現在、一般的に流通しているE17口金、E26口金などLED電球全般が該当することになる。
 経産省では、規制対象に追加された理由として、LED電球が白熱電球の照明器具の代替として急速に市場に広まりつつある一方で、事故が発生している点を踏まえたとしている。
--(cut)--


2012年7月からLED電球が電安法(PSE法)の対象になります。PSE法では一定の安全基準を満たすと「PSEマーク」を表示することができ、このマークがないと国内で流通できないことになっています。
LED電球はこれまで、国内と海外を含む多くのメーカの製品が国内で流通しています。国内の会社の名前がついていても、海外メーカ製のものである場合も多く、安全基準が明確ではありませんでした。PSE法の対象となれば、一定の安全基準が保証されるようになり、安心して購入できるようになります。さらにLED電球の導入がしやすくなります。すばらしい。

LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

市場 | 【2011-07-04(Mon) 07:47:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。