プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
配光角が広い 指向性が高くない LED電球 東芝ライテックLDA8L-G/LDA8N-G
東芝ライテック、白熱電球に近い配光のLED電球「一般電球形7.7W」[journal.mycom.co.jp]

東芝ライテックは7日、「E-CORE」LED電球の新製品「LDA8L-G」(電球色)「LDA8N-G」(昼白色)を発表した。両製品ともE26口金に対応する。発売は4月20日で、価格は5,985円。
--(cut)--
LDA8L-G/LDA8N-Gは、LED電球本来の指向性の高い光ではなく、周囲に拡がる自然な配光を実現した製品。LED電球で光を拡散させるのには、電球内部にプリズムを配置するという方法が一般的だ。それに対してLDA8L-G/LDA8N-Gでは、「マルチ拡散グローブ」によって、光を拡散させている。一般的なLED電球では、発光部分に、グローブと呼ばれる乳白色のカバーが設けられている。これは、クリアの電球よりもつや消しの電球の方が、眩しくないのと同じように、光を和らげるためのものだ。マルチ拡散グローブは、高い拡散性を持ち、表面積の大きなグローブ。光を和らげるだけでなく、グローブの内壁に光を反射させ、別の方向に向かわせることで、配光角を拡げるという役割も持っている。また、グローブの容積を大きくすることで、少ない反射回数で効果的な拡散が行えるようになっている。従来のグローブでも、内部での光の反射は起こっていたが、その割合は少なく、ほとんど透過するか吸収していた。
--(cut)--


東芝ライテックより光が広い範囲に広がるLED電球が発売されます。マルチ拡散グローブにより光を拡散させます。これにより白熱電球(配光角300度)には及ばないものの、電球型蛍光灯(配光角260度)と同程度の配光角を実現しました。従来のLED電球の配光角は120度でした。
これまでLED電球の光は指向性が高いため、狭い空間や通路などの照明に、と考えてきましたが、配光角が広い(指向性が高くない)LED電球なら広い空間を照らすことができます。すばらしい。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

製品 | 【2011-03-19(Sat) 07:03:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。