プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
液晶テレビのバックライトはLEDが多数派に
液晶TVのバックライトは過半数がLEDに。BCN調査 -2月の構成比が51.4%。20型台など小型が伸長[av.watch.impress.co.jp]

 BCNは9日、液晶テレビにおいて、2011年2月にLEDバックライト搭載モデルが、CCFLバックライト搭載モデルを上回ったと発表した。
 家電量販店など全国23社(2011年2月現在)のPOSデータを集計したBCNランキングのデータから明らかになった。2月にはLED搭載モデルの販売台数構成比が51.4%まで上昇し、過半数を占めたという。
 2010年前半からCCFLからLEDへの切替わりが進んでいたが、8月を境に横ばいとなっていた。しかし、20型台などの小型モデルの低価格化が進み、’11年2月に逆転した。
 インチサイズ別にみると、最も早くLEDに切り替わったのが40型台で、'10年5月には半数を超え、8月以降安定的に70%台を維持している。一方、30型台は5月以降30%弱で頭打ちだったが、'11年2月には38.7%まで拡大。さらに、2台目、3台目需要が増えている20型台では着実にLEDが増加しており、2月の実績は49.4%とほぼ半数を占めている。
--(cut)--


液晶テレビのバックライトは、従来のCCFL(冷陰極管)からLEDに変わりつつあります。2011年2月に、LEDバックライト液晶テレビの販売数がCCFLバックライト液晶テレビの販売数を上回り、LEDが51.4%、CCFLが48.6%となりました。
2010年からLEDバックライト液晶テレビがじわじわと勢力を増し、ついにシェアが逆転しました。20型台のLEDバックライト搭載モデルの値段がCCFLよりも下がったことが直接の引き金となったようです。30型台はLEDの方がやや高価格でシェアが低いです。40型台はLEDの方が高価格ですがシェアが高いです。テレビの大きさにより、求められる性能が異なることが分かり、興味深いです。テレビの主流は、ブラウン管テレビからCCFLバックライト液晶テレビへと進み、これからLEDバックライト液晶テレビへと進むことになります。すばらしい。

LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

市場 | 【2011-03-15(Tue) 07:27:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。