プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
LEDの光を操作するルービックスライド
ルービックキューブ発明者からの新たな挑戦状『ルービックスライド』[journal.mycom.co.jp]

メガハウスは、ルービックキューブの生みの親であるルービック博士が新たに考案したパズル『ルービックスライド』を発売した。価格は3,465円。
ハンガリーの建築学者であるルービック博士が発明したルービックキューブ。1980年に日本で発売されるやいなや、爆発的ヒットを記録して社会現象にまでなった立方体パズルだ。6面を揃えるために知恵を振り絞った過去を持つ大人は少なくないだろう。あれから30年目を迎えた今、再びルービック博士から挑戦状が送られてきた。それが『ルービックスライド』だ。
一見、ルービックキューブに似ているが、本体に用意されているのは3×3の一面だけ。オリジナルとはまったく違う新感覚のパズルとなっている。ルールは出題されたどおりの光の配置を目指して、赤と緑のLEDの光を移動させるというもの。光がその方向へ移動する上下左右へのスライドと、回転を駆使することで目的の位置へと導くのである。
--(cut)--


ルーブックキューブで有名なルービック博士が新しいパズルを考案しました。3x3のます目に並ぶLEDの光を、平行移動と回転で操作してゴールの状態にもっていきます。
昔のルービックキューブは立体的なキューブを回転により動かすもので、アナログでハードウェアそのものでした。それに対し、この新しいパズルはLEDの光が動くもので、デジタルで、ソフトウェア的なものと言えます。時代の変化に合わせてルービックキューブも進化しました。新しいパズルにも挑戦しましょう。
ちなみに、私はちょっと前に、ルービックキューブ6面を揃える方法を覚え、最近は5x5x5のプロフェッサーキューブに挑戦中です。パソコンに向かうことが多いと、ルービックキューブのようなアナログなおもちゃが頭をほぐしてくれます。楽しいものです。

参考:

【メガハウス】ルービックスライド★赤と緑のLEDの光を移動させ、正解へ導く新たなスライドパズル!★[item.rakuten.co.jp]



難解ルービックキューブパズル!メガハウス 5×5プロフェッサーキューブ【楽ギフ_包装】[item.rakuten.co.jp]



難解ルービックキューブパズル!ルービックキューブ3×3【楽ギフ_包装】[item.rakuten.co.jp]


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

製品 | 【2011-02-15(Tue) 07:27:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。