プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
直管形LEDランプの規格が制定 パナと東芝がそれぞれ製品化を発表
日本電球工業会、直管形LEDランプの規格を制定 ~パナソニック、東芝ライテックから製品化[kaden.watch.impress.co.jp]

 社団法人日本電球工業会(JELMA)は、直管形蛍光灯の置き換えとなる直管形LEDランプについて、「L型口金付直管形LEDランプシステム(JEL801)」として規格を制定した。
 従来の直管形蛍光灯用器具がそのまま使える直管形LEDランプ製品は、すでに市場に登場しているが、既存の器具との互換性や安全性が課題となっていた。
 今回の規格では、落下やフリッカなどの問題を解決するために、L型の新しい口金を規定した。新規格の規格書は、冊子として頒布される。
--(cut)--
 この発表を受けて、パナソニックおよびパナソニック電工のグループと、東芝ライテックより、対応製品の商品化が表明されている。
--(cut)--


日本電球工業会にて直管形蛍光灯を置き換える「直管形LEDランプ」の規格が定まり、早速、パナソニックと東芝がそれぞれ製品すると発表しました。ただし口金の形状は従来の蛍光灯と異なるため、導入に際には器具の工事が必要になります。
これまで、いくつかのメーカから直管形LED照明が発売されていましたが、従来設置されている安定器をそのままにするものと、器具ごと置き換えるものとがあったり、明るさの仕様が各社独自の基準だったり、という状態でした。安定器をそのままとすると、光源部分の交換だけで済むメリットがある反面、交換時期が安定器の寿命に左右されるというデメリットがありました。規格が定まることにより、このあたりの仕様の乱立状態は収まりそうです。
器具の交換が必要となるため、導入時のコストは高めになりますがランニングコストが下がるため、長い目で見れば低コストになるはずです。オフィスの新築やリフォームの際にちょっと考えて見てください。すばらしい。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

市場 | 【2010-10-22(Fri) 22:38:59】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント

すばらしい
2010-10-24 日 23:38:37 | URL | [e:134] #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。