プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
LED灯台の課題
LED灯台、「見えにくい」戸惑いも[www.yomiuri.co.jp]

 石川県内の灯台で、白熱電球からLED(発光ダイオード)への切り替えが進んでいる。
 二酸化炭素排出量の削減が大きな目的で、今年度中に新たに3基がLED化される予定だ。一方、白熱電球より光の到達距離が短いLEDの特性のため、漁業関係者からは戸惑いの声も寄せられている。
 県内では1992年、七尾港の府中防波堤東灯台が初めてLED化された。9月末現在で、県内98基ある灯台の内、既に7割近くがLEDだ。
 第9管区海上保安本部(新潟市)などによると、LEDは白熱電球に比べて寿命が長く、エネルギーは太陽光発電で供給されるため、二酸化炭素排出量が従来の約10分の1になる。灯台によっては、2か月に1度の点検が1年に1度程度で済む場合もあり、人件費も削減できる。また、灯台まで電気を引くのに使っていた電柱や電線も不要になるため、景観も良くなり、災害時に消えてしまうこともなくなるという。
--(cut)--
 また、最近の灯台は点滅式がほとんどだが、一瞬で明るくなるLEDよりも、緩やかに明るさを増す白熱電球の方が、海上からは見やすいという声も、同海保には寄せられているという。同海保は「距離が短くても、ほかの灯台の明かりが手がかりになるので安全性は変わらない」としており、漁協との話し合いや光の見え方などの調査を並行して行いながら、LED化を推進していくという。


灯台の光源が白熱電球からLEDに置き換えられつつありますが、課題が明らかになってきています。LEDの光の到達距離が短いことと、点灯および消灯時の明るさの変化の仕方が原因とされています。
白熱電球からLEDに置き換えることで、低消費電力化と長寿命化のメリットがあり、さらに太陽光発電+蓄電池と組み合わせることにより、外部電源に頼らずに運用できるという大きなメリットも生まれます。これらは、運用コストを大幅に削減でき、エコという観点でも理想的だと思います。その反面で生まれてくるデメリットを一つ一つ克服していきましょう。このような問題は、従来技術を置き換える新技術の宿命だと考えています。解決のための研究開発をよろしくお願いします。
あと、新技術を導入する際には、既存の技術を一部に残しながら段階的に導入するなど、慎重さが必要だと思います。注意しましょう。

LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

利用 | 【2010-10-14(Thu) 07:47:27】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。