プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
LED電球「普及はまだ始まったばかり」 適材適所でいきましょう
自宅普及はこれから?6割が「次は LED 電球にする」――アイシェア調べ[japan.internet.com]

次世代型の照明として各メーカーから発売されるようになった LED 電球。LED 電球は、LED(発光ダイオード)を利用しており、白熱電球よりも省エネのため電気代の節約が可能な電球で、寿命が格段に長いなどのメリットがある。一方、従来の白熱電球とサイズが異なるものが多い、光の性質が異なるなど、取り換え時に考慮すべき点も持ち合わせている。
現在では白熱電球の製造を中止して LED 電球の製造へ切り替えるメーカーも登場しているが、実際にどのくらい普及が進んでいるのだろうか。アイシェアは、同社のサービス会員に対し「LED 電球に関する意識調査」を実施、2010年5月24日、調査結果を発表した。
--(cut)--
それによると、現在、自宅の照明器具で LED 電球を「利用している」人は14.8%と少数派で、「利用していない」人が85.2%を占めている。また、LED 電球利用者のなかでも、自宅の電球で「LED 電球」のほうが多い人は16.5%、LED 電球とその他の電球の比率が「どちらも同じくらい」という人も10.1%と少なく、普及はまだ始まったばかりというのが現状のようだ。
--(cut)--


「LED電球に関する意識調査」が実施されました。結果、LED電球利用者は14.8%、その中で全電球の中でLED電球の方が多い人が16.5%となりました。現状は「普及はまだ始まったばかり」としています。
この数を多いと見るか、少ないと見るか。私は大健闘だと思います。事実上の一般向けのLED電球の普及の始まりはシャープが1個約4000円で発売開始した2009年7月と考えてよいと思いますが、それからわずか一年で10社以上がLED電球に参入し、種類が豊富になり、価格は安いもので2000円程度まで下がりました。省エネ電球のライバルに電球型蛍光灯がありますが、当面は適材適所で使い分けていくのがよさそうに思います。LED電球の使用が適するのは、長時間点灯するので少しでも電気代を節約したい場所、電球交換がしにくい場所、スイッチオン後にすぐに点灯させたい場所、照射範囲が比較的狭い場所、光の質(色合い、影の感じ)にこだわらない場所、などでしょう。賢く選んで使い分けましょう。すばらしい。

参考:
シャープの電球型LED照明 9機種 選びやすい[ledmania]
東芝ライテックLEL-AW6L/2を使ってみました[ledmania]




LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

市場 | 【2010-05-25(Tue) 07:19:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。