プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
LEDバックライト液晶テレビは今後も急成長予測
2010 年の世界LED LCD TV 市場は2,600 万台 ? 全LCD TV における比率は16%へ[www.elisnet.or.jp]

Displaybankは,新たに「各LED LCD TV メーカーのロードマップと市場展望」を発刊し,2009 年に310 万台規模だったLED LCD TV 市場が2010 年は2,600 万台,2013 年には全LCD TV の61.5%を占め1 億2,900 万台に急拡大すると発表した。
2009 年,LCD TV メーカーは,バックライト・ユニット(BLU)において,画質に優れるとされる直下型と薄型化に有利なエッジ型で競合する両極化の傾向を見せたが,現状ではほとんどの消費者がエッジ型を選択し,2009 年下期から大部分のTV メーカーがエッジ型LED LCD TV の発売を本格化した。2010 年もエッジ型が全LED LCD TV の82%を占め,主流の座をキープすると予想される。
--(cut)--


LEDバックライト液晶テレビの市場予測です。2009年に310万台、2010年に2600万台、2013年に1億2900 万台と急成長すると予測されます。また、光源の配置方法として液晶の直下に設置する直下型とエッジ部分に設置するエッジ型がありますが、エッジ型が優勢です。直下型の方が画面を均一に照らすことができ画質に優位ですが、きっとエッジ型でも十分な画質が得られるのでしょう。それよりも、薄さのインパクトの方が勝ってしまったのでしょう。
これから買うならLEDバックライト液晶テレビですね。冬のボーナスでどうぞ。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

市場 | 【2009-12-16(Wed) 18:22:09】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。