プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
LED電球の低温での動作実験
【コラム】男の家電 寒い季節になってもLED電球は大丈夫か[journal.mycom.co.jp]

前回に続いて(ずいぶん間が開きましたが)、LED電球についてです。電球型蛍光灯には、寒い季節になると明るくなるのが遅くなるという欠点があります。そのため、玄関やトイレの照明などのように、短時間しか使用しない、温度が低くなりやすい場所で使うのには向いていないといわれています。
それに対して、LED電球ではそのようなことはなく、寒い場所でも問題なく使用できるというのですが、実際のところ、どうなのでしょうか。
--(cut)--
LED電球は、白熱電球と同じように瞬時に明るくなりました。数値を見てみると、点灯後62msでフルの明るさになっており、白熱電球よりも立ち上がりはよいように見えます。
--(cut)--


これからの冬に備えてLED電球に対し低温での動作を実験した記事です。冷凍庫で冷やした場合に、白熱電球、電球型蛍光灯、LED電球(電球型LED)の3者に対し、電源オンしてからの明るさの変化を測定しています。その結果、LED電球は白熱電球と同等か若干早いという結果となったようです。電球型蛍光灯は、(もともとの仕様であるともいえますが)明るさの立ち上がりは遅いです。
LED電球は低温でも動作するといわれていますが、実験結果は興味深いですね。低温動作が実証されました。ただ、冷凍庫で冷やすという実験の都合上、霜がついていますが、これが電球内部にもつかないかどうかが少々不安に思いました。ショートすると壊れてしまう可能性があります。今回の実験では壊れなかったようでよかったです。
ちなみに、私の手元にある「LEL-AW6L/2」(東芝ライテック製)の箱には、「推奨使用周囲温度は5~40℃です」と書かれています。ご参考に。

参考:
東芝ライテックLEL-AW6L/2を使ってみました[ledmania]

LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

製品 | 【2009-11-07(Sat) 08:32:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。