プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
映画の盗撮防止に近赤外線LED
映画の盗撮を近赤外線LEDで妨害する技術、NIIなど開発[itpro.nikkeibp.co.jp]

 国立情報学研究所(NII)の越前功准教授とシャープは2009年9月17日、映画館における映画の盗撮を防止する技術を開発したと発表し、報道関係者向け説明会で試作機を実演展示した。2~3年後の実用化を目指す。
 この技術では、映画館のスクリーン背面に波長780nm以上の近赤外線LEDを取り付け、背面側からスクリーン表面の微細な孔を通してスクリーンに投射する。一般に、人間が感知できる可視光線の波長は380nm~780nm程度であるが、ビデオカメラやデジタルカメラの撮像素子であるCCDやCMOSセンサーは、撮影時の感度を高めるため200nm~1100nm程度とより幅広い波長の光線を感知でき、撮像素子より色は異なるが赤や青の可視光として録画される。
--(cut)--


映画館のスクリーンの裏側からLEDで近赤外線を出すことにより盗撮を防止する技術が開発されました。可視光が380nm~780nm、近赤外線の波長780nmとのことで、人間の目に見えないぎりぎりのところですね。もしかして、人によっては見えることもあるのでは。
これは、テレビなどのリモコンが赤外線を出しているかどうか確認したいときにケータイをカメラモードにして赤外線LEDを見ると赤外線が「見えて」しまう、あの現象と同じ原理ですね。(実際はカメラの素子が赤外線を検知して、画面上には人間に見える色で表示してしまうことによってこうなります。)
今回の近赤外線のように、特定の波長だけの光を出すにはLEDが最適ですね。映画は正しく楽しみましょう。すばらしい。

LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

研究・開発 | 【2009-09-18(Fri) 08:18:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。