プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
時間を感じられるLED照明 ロームと岡村製作所と照明デザイナ石井幹子氏
ロームと岡村製作所、オフィス向けLED照明を共同開発[www.eetimes.jp]

 ロームと岡村製作所、照明デザイナである石井幹子氏は2009年7月16日、共同でオフィス向けのLED照明システム「次・オフィス ライティングシステム(THE Office Lighting System)」を開発すると発表した。
 同システムの前提となっているのは、ヒトが生まれながらに持っている生理活動の周期である「概日リズム(サーカディアン・リズム)」である。例えば、朝方に強い白色光を浴び、夜には照明が落ちていくようにすれば、身体機能を維持し、効率的に仕事ができるという発想だ。
 これを実現するために、照度や色温度を調整できるLED照明を用いる。時間帯に合わせてLED照明を制御するため、無線通信機能を組み込む。プログラム設定によってオフィスの照明をコントロールする。
--(cut)--


人間の本来もっているリズムを乱さず「自然な」生活リズムで仕事にかかわれるようになるかもしれません。ロームと岡村製作所と照明デザイナ石井幹子氏のLED照明システムが開発されます。
いままでのオフィスは常に一定の明るさの照明で照らされており、時間を肌で感じることができなかったと思います。また、情報漏洩を防いだり、書類の劣化を防ぐために常に窓はブラインドが閉められており外との光のやりとりが遮断されているところもありますね。そしてそんな環境で早朝から深夜にかけて激務をこなすサラリーマンは生活リズムが乱れ自律神経などに影響がでることもあると思います。
そのような状態を改善することができると期待されます。照明の明るさが時間帯によって変わることにより、人間に時間の経過を感じさせるわけですね。人間的な生活を守ったうえで仕事にかかわりましょう。すばらしい。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

研究・開発 | 【2009-07-26(Sun) 23:58:51】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

時間の変化を『感じる』からという訳ではありません。
ここでポイントとなるのは時間の変化を感じるというところではなくて、時間に応じてヒトが受容する物理的な刺激量(特に照度と分光分布)が変化するというところにあります。

流れとしては、
太陽と同じように時間に応じて照度と分光分布が変化する光刺激を受ける
→サーカディアンリズムを自然な状態に近づける
→身体が日中に活動して夜に休むという状態に
→今までより活動的な状態で日中にオフィスで仕事に取り組める

要はメリハリがつくってことです。
2009-07-27 月 07:07:00 | URL | B4 #- [ 編集]
B4様
情報ありがとうございます。勉強になります。
「感じる」のではなくてヒトが受ける刺激量が変わり、その結果、昼は昼のリズムで、夜は夜のリズムで、ということでメリハリがつくということですね。

今後ともよろしくお願いします。

2009-07-27 月 09:44:13 | URL | ledmania #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい