プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
白熱電球や蛍光灯のLED化の効果はコストよりも温暖化対策効果に注目しましょう
政府に求められるリーダーシップ蛍光灯化超えたLED化の流れを[premium.nikkeibp.co.jp]

■初期投資額の回収に13年
 「LED照明」による二酸化炭素(CO2)削減効果はきわめて大きいが、蛍光灯と比べると初期コストが高いという難題があり、普及の障害になっている。だが、それは事実だろうか。IDEC執行役員の藤田俊弘さんは、「蛍光灯とLEDのコスト比較のグラフ」を見せてくれた。
--(cut)--
 これらの初期投資額と維持費、電気料金の累積額でLEDが蛍光灯を下回るのは、施工から13年目という試算になる。
 「13年もかかるのか」
と思うが、重要なのはCO2の削減量だ。これは当然ながら初年度から差がつき、20年後には、蛍光灯と比べて累積で540tもCO2が削減される計算だ。
--(cut)--


LEDでよく話題になる初期コストと運用コストの話。蛍光灯との比較では、LEDのコストが蛍光灯を下回るのは13年後になるそうです。(この計算は一例です。)これはこれとして。
このコラムでは、白熱電球や蛍光灯からLED照明へ変える効果は、むしろ、消費電力量とか排出する二酸化炭素量の方にでてくると言っています。温暖化対策になるという方向ですね。なるほど。

参考:
全世界の照明から白熱電球をなくすコラム[ledmania]
オールLED照明のIDEC社ビルの詳細[ledmania]


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

利用 | 【2008-09-15(Mon) 22:42:11】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。