プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
とっっても薄いLEDバックライト液晶テレビ ソニーBRAVIA
ワイヤレスで武装した“最薄”BRAVIA、「ZX1シリーズ」[plusd.itmedia.co.jp]

BRAVIAの新ラインアップで最も特徴的な外観を持っているのが、「KDL-ZX1」。ディスプレイ部はわずか9.9ミリ厚、最も厚い部分でも27ミリと他社の“超薄型”並みとなる。しかもワイヤレス。
--(cut)--
 この薄さを実現できた秘密は、独自のパネルセット一体型薄型設計に加え、LEDバックライトを4辺のフレーム部だけに搭載した「エッジライトLED」システム。つまり、液晶パネルの背後にバックライトは存在せず、上下左右から来るバックライトの光を導光板でうまく拡散させて画面を光らせる。このためLEDであっても「XR1シリーズ」のような部分制御はできないが、薄い部分はほぼ液晶パネルモジュールそのものの厚さといえる。
--(cut)--


ソニーBRAVIAの新モデルで、最も薄いところの厚さが10ミリを下回るものがでました。すごい!従来の液晶テレビだと、液晶パネルとバックライトパネルの厚さが限度でしたが、バックライトのLEDを横から当てること(=エッジライトLEDシステム)で、バックライトパネルを無くしたことが要因のようです。横から光を当てるため、バックライトLEDの部分的なON/OFF制御はできなくなりますが、この薄さは魅力ですね。普通に壁掛けテレビができてしまいます。ぜひ実物を見てみたいです。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

製品 | 【2008-08-28(Thu) 21:16:58】 | Trackback:(1) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ビクター、薄さ7mm、重さ5kgの次世代薄型液晶ディスプレイを開発[japan.cnet.com] 日本ビクターは1月5日、32インチで薄さ7mm、重量5kgを実現する次世...
【2009-01-05 Mon 19:33:11】 | LEDマニア

Google

あわせて読みたい