プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
カラーユニバーサルデザインに配慮してLED利用しよう
30層におよぶ蒸着膜で波長をカット 科学の眼(鏡)「バリアントール」[ascii.jp]

 先日、4月16日~18日の3日間、東京ビッグサイトで行なわれていたファインテック・ジャパンの会場で不思議な眼鏡を見つけました。伊藤光学工業(株)の「バリアントール」という眼鏡です。
 バリアントールは、“色弱者の色の見分けにくさを一般色覚者が体験できるようにした眼鏡型特殊フィルタ”です。説明してくれた伊藤光学工業(株) 小坂さんの話によれば、現在、日本における色弱者の方の数は300万人以上。たとえば、車いすの方と同じくらいの数の人がいるそうです。色覚の個人差を問わず、できるだけ多くの人が見やすいように色をデザインする“カラーユニバーサルデザイン”という考え方が、現在、重要度を増していると言います。
 最近は、新聞や教科書などでもカラー化が進んでいます。そういえばレーザープリンターもカラーが当たり前になりつつありますね。LEDの普及でインジケーター類もカラフルになり、色で判別させるものが増えています。それにともない、色による判別を前提とする表示やサイン(標識など)も急増。しかし、色弱者の方にとっては、モノクロであれば見分けられたものが、見分けにくくなっていくという現状があります。
--(cut)--


カラーユニバーサルデザインが重要ですね。LED(発光ダイオード)は取り付けて電流を流せば光るので、さまざまな色で安易に使いすぎてしまう可能性がありますね。
色の識別は必ず個人差があるので『色弱者の方』ばかりでなく、特定の色が見にくいとか、距離がつかみにくいといった差が出てきます。これからもLEDの利用は増えていきますが、このような色識別の考慮も始めていく必要がありますね。


LEDマニアのメルマガを購読する


広告:

利用 | 【2008-04-23(Wed) 07:24:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


Google

あわせて読みたい