プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
インテリジェントピークLED技術など搭載のソニーBRAVIA
ソニー、ブラビア最上位機種に65V型「KDL-65HX920」を追加[plusd.itmedia.co.jp]

 ソニーは10月17日、液晶テレビ“BRAVIA”(ブラビア)の新製品として、3D表示に対応した65V型モデル「KDL-65HX920」を追加すると発表した。価格はオープンで11月11日に発売予定。店頭では65万円前後になる見込みだ。
 春に登場したフラグシップ「HX920シリーズ」の追加モデル。4倍速パネルと直下型LEDバックライトを採用し、バックライトスキャンで16倍相当の動画表示性能を実現するという「モーションフローXR960」を搭載。またバックライトの部分駆動(ローカルエリアコントロール)にくわえ、明るいシーンでは映像暗部の減光で生じるバックライトの余剰能力を利用してLEDを高輝度で発光させる「インテリジェントピークLED」を採用してコントラスト比を高めた。
 データベース型複数枚超解像技術による高画質回路「X-Reality PRO」を搭載。BDやデジタル放送はもちろん、DVDやネット動画など低解像度のコンテンツまで鮮鋭感を持つ映像で再現するという。またフレームシーケンシャル方式の3D表示をサポート。3Dシンクロトランスミッターはテレビ本体に内蔵しているが、3Dメガネは別売となっている。
--(cut)--


ソニーのBRAVIAの新機種で、インテリジェントピークLEDなる技術をもつLEDバックライトが搭載されます。映像の暗い部分のバックライトを抑え、その電力を利用して映像の明るい部分の明るさを増す技術です。その他、さまざまな最新技術が盛り込まれます。
このインテリジェントピークLED技術についてはこのモデルで初めて搭載されたわけではないようですが、新しめの技術として紹介しました。最近技術進歩が速くてついていけていない感がありますが、がんばっていきましょう。


スポンサーサイト
LEDマニアのメルマガを購読する


製品 | 【2011-10-31(Mon) 07:30:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コカコーラのびんのLED電球
コカ・コーラボトル再利用でできたLEDライト 125個限定販売[www.fashionsnap.com]

 「PASS THE BATON (パス ザ バトン)」が今年125周年を迎えたコカ・コーラとのコラボレーション企画第2弾「Sustainable Life style+Design by コカ・コーラand PASS THE BATON」を開催する。"サスティナブルなライフスタイルとデザインの提案"をテーマに共同開発した125個限定の「コカ・コーラボトルライト」などを「PASS THE BATON GALLERY(パス ザ バトン ギャラリー)」で展示販売。会期は10月28日から11月20日まで。
--(cut)--
なかでも「コカ・コーラボトルライト」は、コカ・コーラを象徴するくびれのあるボトル「コンツアーボトル」を100%完全再利用。オーダーメイドの電球づくりにこだわってきた日本の電球職人が今回のためにLED電球を制作し、パーツ作りから組み立てまで、一つ一つ丁寧に手作りで仕上げている。USBでも充電ができるコードレスタイプのLEDライトとなっており、グラス底にはサンドグラスによる125周年限定品のロゴがあしらわれている。「コンツアーボトル」そのものをペイントしたようなアート性の高いパッケージは、アートディレクター千原徹也によるデザインだ。
--(cut)--


有名なコカコーラのびんを再利用したLED電球が製作されました。コカコーラの125周年を記念して開発されました。
コカコーラのびんは、それを見ただけでコカコーラを連想することができる、良い形をしていますね。このびんの中にLEDを仕込んで、LED電球にしてしまいます。びんの凹凸によって光が屈折し、おもしろい形の光のパターンができます。とてもアート性が高いです。
なお、コカコーラのびんは、日本で初めて、文字や図形が付されていない容器について立体商標登録が認められたものであり、その意味でも象徴的なものです。すばらしい。

参考:
文字や図形が付されない容器での立体商標として日本初 コカ・コーラ コンツアーボトルの立体商標が認められる ―知的財産高等裁判所が判断―[www.cocacola.co.jp]


LEDマニアのメルマガを購読する


利用 | 【2011-10-30(Sun) 07:46:09】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
LED道路照明器具 GSユアサ シャープ
省エネLED道路照明 GSユアサとシャープが共同開発[response.jp]

GSユアサは、シャープとLED道路照明器具を共同開発した。
東日本大震災以降、道路照明の省エネへのニーズが高まるなか、GSユアサとシャープは、業界最高水準となる省エネ性能(低ワット化)を実現したLED道路照明器具の商品化に成功した。
道路照明に適した配光性能を発揮する独自設計のレンズの採用で、従来の水銀灯400Wと比較して約70%、高圧ナトリウム灯180Wと比較して約40%の省エネ化を達成。フラット形状の独自レンズを開発・採用することで光の質(眩しさの低減)も高めた薄型デザインを実現した。
また、水銀灯の5倍、高圧ナトリウム灯の2.5倍の寿命となる6万時間の長寿命設計で、メンテナンスを大幅に軽減する。
屋外では、誘導雷(サージ)が電力線を通してLED照明器具に加わり故障を引き起こす恐れがあるため、高い耐雷サージ性能を備えることで、故障を防止する。点灯初期の余剰な明るさをカットし、寿命末期までの明るさを一定に保つよう自動的に調光する機能で消費電力を低減する。
--(cut)--


GSユアサとシャープがLED道路照明器具を開発しました。従来の水銀灯および高圧ナトリウム灯と比較して大幅に低消費電力化、長寿命化されています。さらに、薄くなり、風の抵抗を受けにくいため安全であり、景観にも貢献します。
LED照明に置き換わることのメリットが大変大きいです。今後も当面は適用される分野が広くなる一方でしょう。楽しみです。すばらしい。


LEDマニアのメルマガを購読する


製品 | 【2011-10-27(Thu) 07:57:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
非常時に懐中電灯として使えるLED電球 ひかりん
阪和、非常時には懐中電灯になるLED電球「ひかりん」[kaden.watch.impress.co.jp]

 阪和は、LED電球としても懐中電灯としても使えるLEDライト「BIG-29 充電式LED電球 ひかりん」を、10月21日より発売する。価格は3,980円。
 白熱電球30W相当の明るさを備えたLEDライト。普段はE26口金に接続して、LED電球として使用でき、非常時には、口金から取り外して懐中電灯として使用できる点が特徴。柄の部分が伸縮するため、懐中電灯として使用する時も持ちやすいという。
--(cut)--
 光源には、高輝度LEDを32球搭載している。照射角度は60度。明るさは200lm。消費電力は約4Wで、同等の明るさの白熱電球30Wに比べて、消費電力を70%カットするとしている。
 電源は、容量2,200mAhのリチウムイオンバッテリーを備える。ソケットに取り付ければ、自動的に充電されるため、専用の充電器などは必要ない。充電時間が約5時間で、連続運転時間は約5時間となる。
--(cut)--


懐中電灯としても使えるLED電球「ひかりん」が阪和より発売されます。以前紹介したラブロスのMagic Bulb[ledmania]とよく似た感じの製品です。普段LED電球として使用でき、そのとき同時に充電もでき、非常時にはソケットから外して懐中電灯として使えます。充電した電力によって点灯します。
懐中電灯を普段から使っていないと、非常時に使おうとしても、故障していたり、電池がなかったりといった原因で使えないこともあります。日常的に使っている物を非常時にも使う、というスタイルが理想的です。非常時のための食品等のストックを用意するときも、水、お茶、缶詰など普段から利用するものについては、ストックを多くしておくことで上手に対応できます。備えておけば安心です。すばらしい。

参考:
非常時に懐中電灯になるLED電球 Magic Bulb ラブロス[ledmania]

LEDマニアのメルマガを購読する


製品 | 【2011-10-24(Mon) 07:53:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
パナソニック子会社の工場からアイリスオーヤマのLED生産拠点へ
アイリスオーヤマ、佐賀にLED照明生産拠点新設 来春稼働[www.kahoku.co.jp]

 アイリスオーヤマは20日、佐賀県鳥栖市に発光ダイオード(LED)照明の生産拠点を新設することを明らかにした。パナソニック子会社の旧工場を買い取って来春に製造をスタートさせ、初年度の売上高は約10億円を見込む。今後LED照明の需要を見極めた上で、角田工場(角田市)などでの生産も検討する。
 新拠点となるのは2009年に閉鎖されたパナソニックファクトリーソリューションズ(大阪)の旧鳥栖事業所。土地約8万平方メートルと、延べ床面積約3万平方メートルの工場建屋を買収する。投資額は公表していない。
 1990年に立地した生活用品を生産するアイリスの鳥栖工場に隣接していることや、クリーンルームなどの既存設備を活用できることが決め手になった。100人程度を新規に雇用し、LED照明のほか一部家電の生産も計画する。
--(cut)--


アイリスオーヤマが佐賀県に大規模なLED照明の生産拠点を新設します。パナソニックの子会社、パナソニックファクトリーソリューションズ(大阪)の工場だったところです。
最近、節電のためLED照明が大きく注目されています。一方、パナソニックは三洋電機を子会社化し、さらに、一部の事業をハイアール社へ売却するなど、業界に大きな変化が起きています。この流れの中で、人、モノ、金などの流れが変わります。新しいことを始めるのに良いチャンスともいえます。身近なところでも流れの変化があるのではないでしょうか。アンテナを高くしてチャンスを逃さないようにしましょう。


LEDマニアのメルマガを購読する


製造 | 【2011-10-22(Sat) 09:31:17】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
全光束17,675lmの大光量LED シチズン電子
シチズン、全光束17,675ルーメンの大光量のLEDを開発 ~“白熱電球10W相当から水銀灯300W相当”までラインナップ[kaden.watch.impress.co.jp]

 シチズン電子は、“世界初”全光束17,675lmの大光量LEDなど、5パッケージ11品種の照明用LEDを開発したと発表した。
 今回開発された中で最も明るいのが、“水銀灯300W相当”の明るさを備えた「CLL050シリーズ」。従来までは、LED1個当たりの光量が最高でも4,390lmだったが、本製品では17,675lmと飛躍的に向上した。同社ではこの高い全光束について“世界初”としている。
 また全5パッケージにおいて、アルミ基板に直接LED素子を実装する特許工法「チップ・オン・アルミ工法」による高い放熱性と、備品の最適化による光の取り出し効率を高めたことで、1個のLEDで賄える光量に幅を持たせられるようになった。シリーズ全体で、“電球10W形相当”の100lmから17,675lmまで、明るさが途切れることがなくラインナップされるため、さまざまな既存光源との置き換えが可能という。
--(cut)--


シチズン電子が全光束17,675lmの大光量LEDを発表しました。これまでの4,390lmを一気に大きく上回る全光束に到達しました。水銀灯300W相当を置き換えることができます。
LED照明の輝度の向上はすごい速さで進んでいると思います。最近はひときわ加速し、また製品の幅が広くなり選択肢が多くなっています。実用に耐えうる明るさや指向性の製品も出てきています。LED照明は順調そのものと言えそうです。3年~5年後にはいたるところに普通にLEDが使われるようになるのでしょうか。とても楽しみです。すばらしい。

LEDマニアのメルマガを購読する


研究・開発 | 【2011-10-21(Fri) 07:21:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
東京メトロ銀座線に客室内LED照明とLED前照灯 パナソニック電工
パナソニック、東京メトロ銀座線の新型車両にLED照明を納入[kaden.watch.impress.co.jp]

 パナソニック電工は、東京メトロ銀座線に2012年春から導入される新型1000系車両に「車両客室内LED照明」と、「LED前照灯」(試作品)を納入したことを発表した。
 納入されたのは、車両客室内LED照明が1編成中の3両分に当たる計54台と、両先頭車両にLED前照灯を2灯ずつ計4灯。
 車両客室内LED照明は、色温度5,000Kの車内灯で、従来の40W蛍光灯器具よりも明るさ感が増すという。消費電力は1台あたり26W。従来の40W蛍光灯器具が約47Wだったのに比べ、約40%以上の削減が見込めるとしている。定格寿命は、従来比約3倍以上の4万時間に伸びたという。
--(cut)--
 鉄道車両用LED前照灯の試作品は、車両の進行方向を照らす照明。消費電力は主灯が約32W、副灯が約16Wで、現在、車両の前照灯に使われている白熱灯のハロゲンシールドビームに比べ、消費電力を約80%削減する。また、定格寿命は、光束維持率70%の条件で従来比約20倍の4万時間に伸びた。
--(cut)--


東京メトロ銀座線の新型車両に、パナソニック電工の客室内LED照明と、LED前照灯(試作品)が納入されました。客室内LED照明は従来の蛍光灯を置き換えるもので、従来比40%以上減と低消費電力で、従来比3倍以上の寿命4万時間と長寿命になります。また、LED前照灯は従来比80%減と低消費電力で、従来比20倍!の寿命4万時間と超長寿命になります。
客室内照明は蛍光灯からの置き換えの数値で、それなりと言えばそれなりですが、前照灯は白熱灯(ハロゲン)からの置き換えなので消費電力の削減量と寿命の延びがすさまじいです。今年の冬は節電が必要になりそうです。減らせるとことから減らしていきましょう。今後も交通機関や公共施設の照明のLED化に取り組んでください。すばらしい。



LEDマニアのメルマガを購読する


製品 | 【2011-10-18(Tue) 07:02:07】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ミュージックステーションのセットにLEDのClairCell
『Mステ』もLED化! 省エネで“ドーム級コンサート”実現[rn.oricon.co.jp]

 放送25周年を迎えたタモリ司会のテレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』(毎週金曜 後8:00)が、26年目に突入するきょう14日放送の3時間SPより、番組ロゴを約6年ぶり、セットを約5年ぶりにリニューアルする。消すと透明、点灯すると透けるLED「ClairCell(クレアセル)」電飾をテレビセットとしては初めて大々的に導入。大幅な省電力化とそれぞれの楽曲に合わせた細やかな雰囲気作りを目指す。
 番組開始当初からの“純粋に音楽を見せる”コンセプトはそのままに、Mステが省エネ時代も考慮してさらなる進化を遂げる。“ワンアーティスト=ワンセット”スタイルは踏襲しつつ、セット全体でドーム級コンサートと同等規模という約45万灯のLEDを投入。これによりMC席も配置換えし、竹内由恵アナウンサーは「より一層出演者の方のお顔が見えるようになりました!」と興奮。「皆さんの素顔が伝わるようなトークを、たっぷりとお届けしていきたいです」と意気込んでいる。
--(cut)--


音楽番組ミュージックステーションのセットが一新します。ClairCellというLED電飾が使われます。ClairCellは、LED光源とアクリルの導光板でできており、動く模様をフルカラーで表現することができます。そして、消灯時は透明で、点灯時には向こう側が透けて見える、美しくておもしろいLED電飾です。
ミュージックステーションは25年も続いているんですね。音楽を取り巻く環境が大きく変化していますが、上手に時代の変化に適応しているのでしょう。今後も楽しみです。すばらしい。

参考:
製品情報 | ClairCell コマデン[www.komaden.co.jp]

LEDマニアのメルマガを購読する


利用 | 【2011-10-15(Sat) 07:28:25】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ガラス基板にLED 光るガラスを実現する技術 サムスン電子
サムスン電子、ガラスのLED具現化に成功…世界初[japanese.joins.com]

サムスン電子が世界で初めてガラス基板の上に発光ダイオード(LED)を具現するのに成功した。この技術が商用化されればガラス窓が照明になり、ディスプレーとして使用できるという画期的な研究成果だ。
サムスン電子総合技術院はガラス基板の上に窒化ガリウム(GaN)を成長させ、LEDを具現するのに成功したと10日、発表した。研究の結果は世界的権威の国際学術誌「ネイチャー・フォトニクス」(Nature Photonics)にこの日掲載された。
ガラス基板は原子の配列が規則的でない「非晶質」という特性のためLED基板素材としては不適切だと認識されてきた。発光物質の窒化ガリウムは原子構造が一定の軸に沿って規則的に反復される「単結晶」。このため「非結晶」のガラス基板の上には具現されにくかった。
--(cut)--
サムスン電子研究チームは工業用「シリカガラス」基板の上にチタンと低温窒化ガリウムの二重薄膜を載せ、その上に窒化ガリウムをピラミッド形態に成長させるのに成功した。
--(cut)--


サムスン電子がガラス基板の上に窒化ガリウム(GaN)の結晶を形成させ、LEDを作ることに成功しました。原子が不規則に並ぶガラス基板の上に、原子が規則的に並ぶGaNの結晶を形成する点が課題になっていましたが、それらの間にチタンと低温GaNの二重薄膜を載せることで解決しました。
実用化されれば、光るガラス、映像を映すことができるガラスを実現することにつながります。現時点では思いもよらないモノが実現するようになるでしょう。いまからアイデアを練っておきますか。すばらしい。

LEDマニアのメルマガを購読する


研究・開発 | 【2011-10-14(Fri) 07:56:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
LED野菜工場の野菜が好調 キーストーンテクノロジー
植物工場用のLEDユニットが注目 キーストーンテクノロジー[sankei.jp.msn.com]

 沖縄最大の百貨店「リウボウ」にある生鮮食品売り場の一角が、顧客から強い支持を集めている。販売されているのは春菊やバジル、サンチュなどの野菜。週に2~3回空輸され、1日で完売するケースも珍しくない。生産者は、電子応用機器の開発なども手がけるキーストーンテクノロジー。生産地は、横浜市中区の本社に設置されている植物工場だ。
 沖縄地方は気候の関係で5~11月ごろ、葉を食用とする葉物野菜が不作となるため、本州などから調達する。宮城、岩手、福島との取引も多いが、東日本大震災の関係で被害を受けたため少なくなり、全般的に不足しているのが現状だ。
 キーストーンテクノロジーの工場では、LED(発光ダイオード)によって野菜を栽培。光合成に不可欠な赤色、栄養素を作り出す青色、そして赤色と青色をより有効なものとする役割を果たす緑色を、それぞれ独立して制御するのが特徴だ。効率の向上で多品種少量生産が可能になり、5坪(約16.5平方メートル)の広さで1カ月当たり約5000株の葉物野菜を収穫できる。農地なら300坪分に当たるという。
--(cut)--


沖縄の百貨店の生鮮食品売り場に、キーストーンテクノロジー「製」の野菜が販売され、好評を得ています。この野菜は、LED光源を用いたキーストーンテクノロジーの野菜工場で生産された野菜です。
LED光源により、野菜の生育に適した波長(色)の光を効率よく照射することができます。その効率の良さにより、5坪の広さで300坪の農地での収穫と同程度の収穫があります。また、光、水、栄養素などをコントロールすることで生産調整することもでき、自然界と切り離された環境なので害虫がなく農薬が不要です。自然界で育った野菜との差に興味があります。野菜工場の野菜と自然界の野菜の双方の特徴を把握して、上手に利用していきましょう。すばらしい。

LEDマニアのメルマガを購読する


利用 | 【2011-10-12(Wed) 07:30:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
プラネタリウムにもLEDへ 東京 多摩六都科学館
多摩六都科学館 プラネタリウムD大改修 全国初LED 最新式…来夏再開[www.tokyo-np.co.jp]

 小平、東村山、清瀬、東久留米、西東京の五市が運営する多摩六都科学館(西東京市芝久保町五)のプラネタリウムドームが改修のため、今月末で上映をいったん終了する。投影機と映写機、スクリーンなどを更新し、来年七月再開の予定。プラネタリウムは現在、都内に十数カ所あり、年間約十万人が観覧する同館も、大幅なリニューアルで競合他施設との差別化を図る。
 同館は一九九四年三月に開館。直径二七・五メートルのプラネタリウムドームは、当時日本最大だった。
--(cut)--
 更新後の投影機は全国で初めてLED電球を使用した最新機で、数十万個以上の星を再現可能。映写機もデジタル化される。スクリーンは全面張り替えし、座席も取り換える。
--(cut)--


東京の多摩六都科学館のプラネタリウムがリニューアルのために今月末に閉館します。リニューアルは2012年7月になるようで、日本で初めてLED光源を利用した機器が導入されます。
都市部では夜も明るいので夜空に星が出ていてもなかなかよく見えません。星座を探すのも難しいです。プラネタリウムは手軽に星座や宇宙の勉強ができるので良いと思います。LED光源のプラネタリウムになれば低消費電力で長寿命になります。プラネタリウムでよく勉強したら、たまには田舎に出かけて実物の星空を体験しましょう。それもまたすばらしいです。

LEDマニアのメルマガを購読する


利用 | 【2011-10-10(Mon) 07:50:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
大規模停電再発防止のためにLED照明 韓国
停電再発防止にLED推奨 韓国、低所得者層に補助金[www.asahi.com]

 9月に起きた大規模停電の再発を防ぐため、韓国の知識経済省が節電を促す政策をまとめた。電力消費のピーク時の使用を抑えるなど節電に協力した企業に報奨金を出すほか、低所得者層や社会福祉施設を対象に省エネに資するLED(発光ダイオード)照明への切り替えを全額補助することを決め、来年度予算案に1千億ウォン(約65億円)超を盛り込んだ。
 韓国では9月15日、残暑で急増した電力需要に供給が追いつかず、210万戸超が停電し、崔重卿・知識経済相が引責辞任を表明した。一方、メディアや識者のシンポジウムでは、東日本大震災後の日本での節電の取り組みが紹介されるなど電力問題への関心が高まっている。
--(cut)--


韓国でLED照明への切り替えが推奨されています。電力消費を抑えるための政策のひとつです。電力消費を抑えることにより、電力供給不足による大規模停電の再発防止をねらっています。
先日の東日本大震災の後の節電の取り組みではとても大きな効果がありました。原子力発電所の事故で放射性物質が流出し続けていることは大変な問題ですが、その一方で、(一定の不自由もありながら)生活の仕方の工夫によりどれくらいの節電が可能かという、一つの実績値が得られたと思われます。このような経験を踏まえて新しい技術開発をし、世界に広めていけるとすばらしいと思います。

LEDマニアのメルマガを購読する


利用 | 【2011-10-09(Sun) 07:46:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
家庭菜園規模のLED植物工場 三田のラーメン店「駿士」
LEDで野菜育て"店産店消"[www.townnews.co.jp]

 飲食店の一角にLED光源を使った水耕栽培で野菜を育てて地産地消ならぬ、”店産店消”を―。こんな実験的な取組みを明治大学農学部の学生と卒業生のグループが三田のラーメン店で始めた。
 取り組んでいるのは研究成果を地域活性化に生かす活動を進めているグループ「明治ベンチャープランニング」の8人。メンバーが通い慣れているラーメン店「駿士」(三田1丁目)の店内に「LED光源植物工場」を設置した。
 「植物は種類によって成長を促進させる光が異なる。LEDなら光の種類を細かく選べ、効率的に育てることができる」と話すのはメンバーの一人、木村龍典さん。同大大学院の修了生で今春からLEDを利用した植物工場を専門に手掛ける会社に勤めている。
--(cut)--


東京の三田のラーメン店にLED照明を利用した植物工場が設置されました。コンテナを利用したような大規模なものではなく、手軽に利用できる程度の小規模なものです。LED照明の光量を調節することによい成長の速さを調節できるのが便利です。
これは「家庭菜園」規模の植物工場と言えると思います。LEDが好きでしかも野菜を育てるのも好きという、私のような人にはぴったりですね。この規模の植物工場ならではの使い方を考え、上手に利用できるとよいと思います。すばらしい。


LEDマニアのメルマガを購読する


利用 | 【2011-10-07(Fri) 19:41:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011年9月のアクセス解析
2011年9月にアクセスの多かった人気記事トップ10を紹介します。Google Analyticsの解析結果です。

1. LED照明の自作向けパーツのお店 秋葉原[ledmania]
2. LED照明のちらつきの問題[ledmania]
3. LED非常灯 LS-8556W 普段は常夜灯としても[ledmania]
4. アルファードのLED化[ledmania]
5. LED電子工作をしてみましょう[ledmania]
6. 耳の中を見ながら耳掻き USBマイクロスコープデジカメ サンコー[ledmania]
7. クリア電球タイプのLED電球 パナソニック[ledmania]
8. 台湾のLED市場 大手3社が豊作[ledmania]
9. 長いフレキシブルアームのLEDライト ELPA[ledmania]
10. ヤクルト神宮球場のフルカラーLED大画面スコアボードは東芝ライテック[ledmania]

秋葉原のLED-ZOAの紹介記事は26ヶ月連続で1位です。前月までとLED照明に関する話題が上位を占めました。特に、パナソニックのクリア電球タイプのLED電球が注目を集めました。

アクセス数は、ユニークアクセスが16,300、トータルアクセスが21,309でした。(FC2アクセス解析)

LEDマニアのメルマガを購読する


本ブログについて | 【2011-10-04(Tue) 07:37:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ボーイング787にもLED照明
ANAの787初号機、28日朝に羽田へ-到着時にUST配信も[haneda.keizai.biz]

 ANAがローンチカスタマーとなる新型旅客機「ボーイング787ドリームライナー」の初号機が9月28日午前、羽田空港に到着する。
 同初号機はANAが9月25日、米シアトルのボーイングの工場で受領(じゅりょう)した。当初の予定より3年以上遅れての引き渡しとなったが、機体に複合新素材を採用するなどの新技術で運航コストが大幅に下がり、LED照明や大型の窓の導入により機内の快適性が大幅に向上するなど、運用効率に優れた新世代の中型旅客機としての期待が高い。
 同社は10月以降、同型機による成田~香港・仙台などの記念チャーターフライトを運航した後、当初は羽田~広島線などの国内線定期便に、2012年には新路線の羽田~フランクフルト線に投入する予定。
--(cut)--


ボーイングの新型旅客機787がANAに引き渡され、羽田空港に到着しました。材料の改善や、搭載技術の進歩により大幅に燃費が向上しました。室内にLED照明が使われたり、トイレットにウォシュレットが搭載されたりと、客室の環境にも配慮されています。
飛行機を見る度に、大きくて重い鉄の塊が空を飛ぶのを不思議に思いながらも、科学技術のすばらしさを感じます。こんなきれいな飛行機にぜひ乗ってみたいものです。すばらしい。


LEDマニアのメルマガを購読する


利用 | 【2011-10-03(Mon) 07:53:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
倉庫や体育館にLED照明 サンケン電気
サンケン電気 高い天井用のLED照明 最高水準の発光効率実現[www.sankeibiz.jp]

 サンケン電気は倉庫や体育館、工場など高い天井の施設に適したLED(発光ダイオード)照明器具を開発した。12月から営業活動を開始し、年間5000台の販売を計画している。
 同社がLED照明向けに独自開発した、高効率タイプの定電流電源を内蔵し、豊田合成製の高光度LEDを使用。消費電力は115ワットで、1ワット当たりの明るさは100ルーメン以上と、業界最高水準の発光効率を実現した。これによって、一般的に使用されている400ワットタイプの水銀灯に比べ、約70%の省エネを実現した。
 形状は発光部を8個組み合わせた八角形で薄型。デザイン性と施工性にも配慮し、広い光で壁面の照度を増し、空間全体を明るく快適な環境を実現する。スイッチを入れてから点灯に至るまでは1秒以下で済む。また、LEDは紫外線を出さないため虫が集まらず、衛生的という利点もある。


倉庫、体育館、向上などの照明用のLED照明です。従来は水銀灯が使われていた部分を置き換えるものです。省エネ、長寿命、薄型、スイッチオンから1秒以下と短時間で点灯するなどのメリットがあります。
従来の倉庫や体育館の照明には水銀灯が使われ、最大の明るさになるまで時間を要します。LED照明になると、1秒でぱっと点灯するようになります。消費電力も70%と大幅に削減されます。これは大きな変化だと思います。すばらしい。

LEDマニアのメルマガを購読する


製品 | 【2011-10-02(Sun) 08:27:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。