プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
【本】「白い光」のイノベーション―ガス灯・電球・蛍光灯・発光ダイオード/宮原諄二
白い光のイノベーション
LEDは「ろうそく、電球、蛍光灯に次ぐ第四世代の光」として期待されています。本ブログではLEDのことばかりですが、いままでの照明の歴史についても知っておくべきと考え読みました。

光の発見、光の色のこと、白い光のこと、そして、人工的な白い光である、ガス灯(第一世代)、白熱電球(第二世代)、蛍光灯(第三世代)、そして、白色LED(第四世代)について、周辺知識を交え詳細に丁寧に解説されています。これを通して、次の世代へ進むときのイノベーションについても詳細に説明されています。イノベーションとは技術革新だけでなくその技術により社会構造や産業構造の変化までも生ずることで、「人」「時」「場」の条件がすべてそろってイノベーションが成立すること、そのためには縁とか運とかの要素も重要になるとされています。

照明関係に興味をもっている方には特におすすめです。この本でこれまでの照明の歴史を踏まえて、今後の照明の行方について自分の言葉で語れるようになりましょう。また、イノベーションに関してはその他の技術系の方にもおすすめです。

参考:

「白い光」のイノベーション ―ガス灯・電球・蛍光灯・発光ダイオード [item.rakuten.co.jp]


スポンサーサイト
LEDマニアのメルマガを購読する


書籍 | 【2009-10-29(Thu) 07:08:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【本】LED2009―最新技術動向と市場動向―/日経エレクトロニクス・日経マイクロデバイス
LED2009最近のLEDの動向を把握するのに最適な一冊です。「Chapter1」では青色LEDを発明した中村修二氏の研究グループからの寄稿、「Chapter2 LEDの新展開」として、LEDの新しい用途としての照明の動向、封止材料、放熱基板などの周辺技術の動向。「Chapter3 最新動向」として、高輝度化などのLED自体の技術動向、植物工場や殺菌システムなどのLEDを利用したシステムの応用動向、最近のエコブームとの関係などの業界動向、そして、有機ELや液晶テレビなどの周辺動向という構成になっています。これ一冊の中にLED自体のことを含めて周辺知識は一通り学習できそうです。
まずは全体的に目を通しましたが、私が特に興味を引かれたのは「業界動向1 LED照明にエコの追い風」「業界動向3 シャープ,LED照明事業の勝算 センサなどの活用がカギに」でした。最近の電球型LED照明(LED電球)の大ブレイクはまさにこの話であるし、今後の動向には要注意です。
LEDに関する広く深い知識を得ようとする方におすすめ。読みごたえ大ありです。

参考:
LED(Light emitting diode)2009 最新技術と市場動向[item.rakuten.co.jp]

LEDマニアのメルマガを購読する


書籍 | 【2009-08-28(Fri) 06:35:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【本】 怒りのブレイクスルー/中村修二
怒りのブレイクスルー 中村修二青色LEDの実用化で有名になった中村修二氏(当時は徳島県の日亜化学工業に所属)が書いた本「怒りのブレイクスルー」を読みました。青色LEDの特許をめぐって中村氏と日亜化学工業との間で知的財産がらみで問題があり訴訟に発展したことも有名です。

この本では、中村氏の言葉で、徳島県の中小企業であった日亜化学工業への就職、LED研究を始めたころの状況、青色LEDの研究への挑戦と成功、その成果と日亜化学工業の社内の事情、そして、アメリカの大学に移り、アメリカと日本の大学や企業の違いが語られています。青色LEDの連続発光に成功したときの感動と同時に沸いてくる不安のような感情がよくわかる描写であるとともに、日本の企業の研究体質について良い指摘がされています。

私は大学で実験物理をやっていました。当時、同じような経験をしたのを思い出します。誰もやったことがないことに成功したと思えたときには、達成感と同時に、測定が本当に正しかったのかという不安感にかられたものです。(私の場合は、測定に間違いがあったことがほとんどでしたが。)

日亜化学工業と中村氏の関係はなかなか難しいところです。昔ながらのトップダウンの企業体質では優れた若い研究者のすばらしい成果が世に出ないことが多々あったのでしょうね。最近は比較的、若い研究者が成果を出しやすくなってきたのではないかと思います。これからも時間をかけて変えていくことになるんでしょうね。

LED関連の研究開発に従事されている方にはもちろん、企業で研究開発をされている方にもお薦めします。

参考:
中村修二 - Wikipedia[ja.wikipedia.org]


怒りのブレイクスルー 常識に背を向けたとき「青い光」が見えてきた[item.rakuten.co.jp]





怒りのブレイクスルー―常識に背を向けたとき「青い光」が見えてきた[www.amazon.co.jp]



LEDマニアのメルマガを購読する


書籍 | 【2009-06-25(Thu) 00:08:32】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。