プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
白熱電球の製造中止へ LED電球や電球型蛍光灯へ移行
ついに白熱電球の生産が終了、パナソニックの白熱電球76年の歴史を振り返る[kaden.watch.impress.co.jp]

 2008年、政府は国内大手家電メーカーに対し、地球温暖化防止のため、2012年度までに消費電力の高い白熱電球の製造中止を呼びかけた。あれから4年、既にほとんどのメーカーが白熱電球の製造を中止しており、今では家電量販店の照明コーナーのほとんどが、LEDをはじめとする省エネ光源になっている。
--(cut)--
 そもそも、白熱電球が誕生したのは19世紀のこと。諸説あるものの、1879年にアメリカのエジソンによって生まれたという説が有力だ。白熱電球は、電球の内部にある「フィラメント」という線状の部分に電気が通り、その抵抗で熱と光が生み出される構造になっているが、基本的な仕組みは今も変わっていない。
--(cut)--
 1980年以降は、省エネ化と長寿命化が図られた。LED電球や電球形蛍光灯と比べると、消費電力も高く寿命も短い白熱電球だが、白熱電球なりに性能は向上した。
--(cut)--
 こうして成長を続けてきた白熱電球だが、1980年にはより消費電力が少なく長寿命の電球形蛍光灯が登場。さらに2009年からは、電球形蛍光灯よりもさらに消費電力が少なく、寿命も40,000時間と非常に長いLED電球も普及しはじめた。これまで照明器具の主力だった白熱電球だが、消費電力が高い“非エコ”な明かりとして、新光源の省エネ性能の高さを示す比較対象として話題に出ることが多くなった。
--(cut)--
 2012年、白熱電球というひとつの時代が終わろうとしているが、それは2013年から、“省エネ”や“省資源”の明かりがスタンダートとなる、新たな時代の始まりでもあるのだ。


各照明器具メーカで白熱電球の製造が終了しつつあります。1872年にエジソンが発明した基本原理を継承しながら、長寿命化、低消費電力化、光の質の改善などが行われ、今に至っています。しかし、白熱電球よりも低消費電力で長寿命な電球型蛍光灯やLED電球が開発され、それらの価格がこなれてきていることもあり、白熱電球の製造を中止するように進んでいます。
今後、これまでよりも増して、白熱電球よりも低消費電力で長寿命な電球型蛍光灯やLED電球への移行が進んでいくと思われます。当面の間、電気販売店に白熱電球が1つもないという状況にはならないと思われますが、数年~数十年先にはそのような状況になるでしょう。白熱電球の改善のための要素技術の中には、電球型蛍光灯やLED電球に応用可能な技術も多くあると考えられます。これからも理想の光を求めて研究開発が続くでしょう。楽しみです。すばらしい。


スポンサーサイト
LEDマニアのメルマガを購読する


市場 | 【2013-01-04(Fri) 07:31:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
白熱電球から省エネ照明への移行はいつどのように
明るいだけではないLED照明の未来、普及を阻む4つの課題[eetimes.jp]

--(cut)--
 米国政府は近年、エネルギー効率に優れた新しい照明器具を導入するよう消費者に求めている。これに対し、Bachmann氏は、ここ数年間、トーマス・エジソンが発明した伝統的な白熱電球の継続的な使用を訴えるキャンペーンを率いている。
--(cut)--
 Poplawski氏が強調したのは、電球が単なる“電球”であるのに対し、LEDは半導体デバイスであるという点だ。同氏はプレゼンテーションの中で、彼の研究グループが解決に取り組んでいる、LED照明の4つの課題について説明した。これらの課題とは、ちらつき、調光、電力品質、そして、既存の照明器具との互換性とも絡む寿命限界である。
--(cut)--
 2007年、ブッシュ大統領(当時)は、白熱電球の段階的な廃止を推し進める「エネルギー自給・安全保障法(Energy Independence and Security Act of 2007)」に署名した。しかし、それから5年を経過した現在も白熱電球は全米で広く流通している。こうした状況は今後数年間は続くだろう。


世界的に、白熱電球の使用をやめて、蛍光灯やLED照明などの省エネ照明へ移行する動きがあります。このような状況の中で、白熱電球の使用の継続を訴える人もでてきています。白熱電球は、電気抵抗をもつフィラメントをガラス管で覆った構成でシンプルなのに対し、LED電球は半導体デバイスであり、回路が比較的複雑で、課題があるとされています。
白熱電球の使用を全くなくして、省エネ照明へ移行するのをトップダウンで実現するのは難しいと思います。ランニングコストが高くつくとはいえ、一個100円で購入できる白熱電球は魅力です。省エネ照明への移行は、消費者がその省エネ効果や節電の効果を実感できるようになると、一気に進むのではないかと思います。どんなことが起きると、そうなるでしょうか。又は、すでに起きているでしょうか。一部はすでに起きていますが、大きな波はこれから来ると思います。その波を起こすのは誰でしょうか。

LEDマニアのメルマガを購読する


市場 | 【2012-11-24(Sat) 07:43:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
LED光源の水耕栽培ユニットで新事業 エスキュービズム・アグリエナジーユニティ 電陽社
低価格LED・水耕栽培ユニット『箱庭栽培』が北陸・電陽社にて採用決定~エスキュービズム、“店内店消”型店舗の開発・運営支援を加速[prtimes.jp]

小売り事業者向けシステム開発・提供の株式会社エスキュービズム(本社:東京都港区、代表取締役社長 薮崎敬祐)のグループ会社である、株式会社エスキュービズム・アグリエナジーユニティ(本社:東京都港区、代表取締役社長 薮崎敬祐、以下 エスキュービズムAEU)が開発・販売している低価格LED(人工光)水耕栽培ユニット『箱庭栽培』が、北陸地方でリサイクルショップやフィットネスクラブなどのフランチャイズ加盟店を展開する株式会社電陽社(本社:富山県砺波市、代表取締役 中島博明、以下 電陽社)が本年9月より新たに開始する飲食店運営事業に採用されました。
エスキュービズムAEUは、電陽社が推進する新規事業の事業パートナーとして、『箱庭栽培』( http://hako28.jp/ )を活用したユニークでオリジナリティの高い店舗開発や運営の支援を担ってまいります。
--(cut)--


エスキュービズム・アグリエナジーユニティ社のLED光源の水耕栽培ユニットが、電陽社の新規事業である飲食店運営事業に採用されました。エスキュービズム・アグリエナジーユニティ社は、LEDを利用した水耕栽培ユニットを取り扱う新しい会社です。電陽社は、さまざまなメーカの制御機器、情報機器、電材、計測器コンピュータなどを取り扱う代理店ですが、新たに飲食店の運営を始めるようです。
景気がよろしくない昨今の状況、日本国内の状況、日本を取り巻く世界の状況の下で、良いニュースがあまり聞かれません。しかし、このように元気のある新しい会社や、新しい事業領域を開拓しようとする会社があります。LEDに関連する事業は今後の発展の余地が大きいです。新しいことを始めるのは勇気のいることですが、しっかりとした信念を持って、さまざまな人からの協力を得ながら進めばきっとうまくいくのです。すばらしい。

参考:
植物工場、高品質なLED栽培システム|hako28(はこにわ).jp[hako28.jp]

LEDマニアのメルマガを購読する


市場 | 【2012-09-14(Fri) 07:05:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
三菱電機のLED照明の新ブランドMILIE ミライエ 未来へ
三菱電機、LED照明の新ブランド「MILIE(ミライエ)」を10月より展開[kaden.watch.impress.co.jp]

 三菱電機は、同社の照明事業の製造・開発・販売を行なう「三菱電機照明株式会社」の発足にあわせて、LED照明の新ブランド「MILIE(ミライエ)」を10月より展開すると発表した。
 「MILIE(ミライエ)」はLED照明器具とLEDランプを包括する新ブランド。ブランドネームは「三菱(Mitsubishi)」、「光(Lighting)」、「エコロジー(Ecology)」の最初の文字にちなみ、「LED照明を通じて、人と社会の未来に向けて貢献する企業を目指す」という意味を込めたという。
 10月1日より発足する三菱電機照明株式会社は三菱電機の100%子会社。照明器具の製造・販売を担当する現・三菱電機照明、ランプ・蛍光灯の製造を担当するオスラム・メルコ、販売を担当する三菱電機オスラムの3社を合併し、照明事業の製造、開発、販売を一括して行なう。今後はLED照明を節電、省エネに貢献するための中核事業と位置付け、事業を強化していく方針という。
--(cut)--


三菱電機が照明事業を行う新会社を発足させるのに合わせて、LED照明の新ブランドを発表しました。「MILIE(ミライエ)」です。
ここ数年、特に最近、国内の電機メーカは苦しい経済状況にあり、事業の再編や人員の整理などを行っています。それによって復活する会社もありますが、復活できない会社もあり。新会社の設立に合わせて新ブランドを立ち上げ、心機一転です。「未来へ」という言葉もかけて、がんばりましょう。すばらしい。

LEDマニアのメルマガを購読する


市場 | 【2012-08-21(Tue) 07:12:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
野田首相がLEDの導入に言及
野田首相:先端企業を視察 再生戦略をアピール[mainichi.jp]

 野田佳彦首相は5日、岡山市と広島県福山市を訪れ、先端医療機器や省エネルギー産業の現場を視察した。船舶用プロペラ技術を応用し、日本人に合う人工関節を開発した岡山市の「ナカシマメディカル」で製品や研磨作業を見学。その後、発光ダイオード(LED)電球部品を生産している福山市の「シャープ福山工場」で生産工程の説明を受けた。
 政府が閣議決定した日本再生戦略は医療や環境分野を支援の重点分野として明記しており、首相は視察で再生戦略をアピールする狙いがある。
 首相は視察後、記者団に「医療機器(の規制緩和など)に焦点を当てた法改正が必要だと実感した。2020年までに公的施設でLEDの導入率を100%にする」と述べ、再生戦略で掲げた目標達成に意欲を示した。
--(cut)--


野田首相がLED電球の部品の工場を視察し、LEDの導入について言及しました。
LED照明は、急速に導入が進んでおり、さらなる技術開発や製品開発も急ピッチで進んでいます。当面はこの勢いが続いていくと思われますので、景気を上向きにさせる要因の1つと考えてよいでしょう。ただ、寿命が長いというすばらしい特徴をもつLED照明であるだけに、この先もこの勢いがずっと続くとは思われません。この白熱電球や蛍光灯のような既存光源の照明からの乗り換え需要が一段落したとき、どうなるでしょうか。目先の利益だけにとらわれずに、その先を見て行動しましょう。
なお、LED照明の導入はお金のかかることですから、LED導入率を必ずしも100%にしなくても、という気もします。あまり使われない照明にまでお金をかけてLED照明にしなくてもよいかなと。消費電力、導入費用、いろいろ考えないといけないです。難しいですが、大切なお金の使い道をよく考えましょう。

LEDマニアのメルマガを購読する


市場 | 【2012-08-12(Sun) 07:34:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

次のページ
Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。