プロフィール

ledmania

Author:ledmania
2006年7月14日より開始。根気よく継続し7年目に突入。4年目のメルマガもどうぞよろしく。

カテゴリー
最近の記事
広告
LEDマニアに直接メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
LEDマニアズ リンク
FC2カウンター
管理情報
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEDマニアのメルマガを購読する


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
さくら色照明に新たな効果 集中しやすいなど シャープ
さくら色で「やる気が持続」 受験勉強にも使えるLEDライト[www.j-cast.com]

シャープは、癒しや目にやさしい、快眠をサポートする効果に加えて、新たに「集中しやすい」「やる気が持続する」効果があることが試験結果で得られた「さくら色LEDシーリングライト」(DL‐C614K、DL‐C514K、DL‐C414K、DL‐C314K)4機種を、2013年3月中旬に発売する。
--(cut)--
搭載している「さくら色」は、総合医科学研究所が実施した長時間のデスクワークを伴う作業による試験の結果、「集中しやすい」「やる気が持続する」の評価で、寒色に比べて有意差があることが確認された。受験勉強など集中が必要な学習や、長時間のパソコン作業などの場面で効果が期待できる。
また、昼間(13時から16時)の消費電力を抑えて、省エネ効果をより高めることができる「お昼間節電」機能を搭載。消費電力を約30%削減する。
--(cut)--


シャープのさくら色のLEDシーリングライトが、新たな効果を謳って、新製品を発売します。さくら色が「集中しやすい」「やる気が継続する」効果をもたらすとしています。
従来、部屋の照明は昼白色又は電球色が一般的でした。LED照明、LEDシーリングライトが登場した後でも照明の色については白色又は電球色のままでした。その状況の中でシャープが導入したさくら色の照明は斬新だったと思います。そして、これまでの照明の色になかったさまざまな効果が確かめられてきています。さくら色はいろいろな効果が高まるようで興味深いです。今後もいろいろな特徴がでてくるとおもしろいと思います。すばらしい。


スポンサーサイト
LEDマニアのメルマガを購読する


製品 | 【2013-03-14(Thu) 07:21:51】 | Trackback:(0) | Comments:(8)
ガソリンスタンドにもLED照明+配光設計で省エネ
フィリップス、70%省エネのガソリンスタンド向けLEDキャノピー照明[response.jp]

フィリップスエレクトロニクスジャパンは、ガソリンスタンド向けLEDキャノピー照明「Mini 300 LED gen 2 (ミニ300ジェネツー)」を3月中旬より日本国内で順次販売する。
同製品は、フィリップスが世界のガソリンスタンドでの車両動線、作業動線の研究を重ねて開発した、ガソリンスタンド向けLEDキャノピー照明。
最大約90lm/Wの高い効率で、水銀灯(同社従来品)と比べて70%以上の省エネを実現している。また、特殊な配光設計により、ドライバーが感じるまぶしさを低減するだけでなく、鉛直面を均一に照らすことで、影になりがちな給油時のドライバーの手元作業をアシストする。
--(cut)--


ガソリンスタンドの照明のためのLED照明です。特別な配光設計をすることにより、人が感じるまぶしさを低減しながら、給油時の手元を明るく照らし、また、ガソリンスタンドの周辺への光の拡散をおさえます。光源自体が従来より低消費電力なのに加えて、上記のような配光設計により従来より70%以上の省エネを実現しています。
ガソリンスタンドは、壁などで仕切られないオープンな場所で、天井も高いので、強い光が必要とされます。一方、その強い光が周辺にも広がるので、エネルギーの無駄にもなります。そこで、光の進行方向を比較的制御しやすいLED照明を採用し、周辺に光が広がらないような配光設計をすることで、大幅にエネルギーの無駄を減らすことができます。LEDの上手な利用の例としてすばらしい!

LEDマニアのメルマガを購読する


利用 | 【2013-03-11(Mon) 07:01:05】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
カメラ用LEDライト日本トラストテクノロジー
粘着シートでiPhoneにも 「ピタっとライト LED 32灯 USB」[www.itmedia.co.jp]

 日本トラストテクノロジーは3月7日、粘着ジェルシートで取り付けられるカメラ用LEDライト「ピタっとライト LED 32灯 USB」を販売開始した。価格は2480円。
 付属の粘着ジェルシートを利用することで、ホットシューの有無や形状を問わずに利用できる撮影用LEDライト。ジェルシートは何度も着脱でき、粘着力が落ちた場合には水で洗えば粘着力は復活する。
 LEDライトの電源にはリチウムイオン充電池を利用しており、USB端子からの充電が可能。1回の充電で約2時間の連続点灯が可能となっている。パッケージには本製品をiPhone4/4Sに固定するためのスタンドも付属する。
--(cut)--


粘着ジェルシートでカメラにとりつけられる、カメラ用のLEDライトです。ジェルシートで取り付けるので、筺体の大きさなどによらず、しっかりくっつきます。USB端子があり、USBバスパワーで充電できます。
ケータイやスマホなどで写真をとるときには明るさが不足している場合には重宝しそうなアイテムです。カメラとともに用いるだけでなく、他の用途としても便利に使えるのではないかと思います。おもしろい。

LEDマニアのメルマガを購読する


製品 | 【2013-03-08(Fri) 07:16:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
USBバスパワーで充電可能な自転車LEDライト
防水でUSB充電、小型ボディが嬉しい自転車用LEDライト[k-tai.impress.co.jp]

--(cut)--
 前置きが長くなってしまったが、今回紹介するknogのLEDライト「Blinder Lights-1 STANDARD」は、この防水性能について「濡れても大丈夫なUSB端子」を採用することで大胆に解決した製品だ。もちろん、高輝度なLEDを採用し、豊富な点灯パターンを備え、前回の点灯パターンを覚えている仕組みなど基本機能は成熟の域に達している。
 バンド部分は伸縮性が高く、ロードバイクの太めのハンドルにも取り付けられた。LEDは最大20ルーメンの明るさで、都市部で自分の位置を知らせるライトとして使うなら十分な光量だ。光を点滅させるフラッシュモードでは11時間使用でき、充電時間は3時間。連続使用時間が電池に比べて短いのが弱点だが、USBでいつでも充電できるので、この弱点はカバーできる。場合によっては、スマートフォン用に持ち歩いているモバイルバッテリーで充電することも可能だ。
--(cut)--


自転車のハンドル部分に取り付けられるLEDライトです。USB端子があり、USB経由で充電することができます。また、充電時以外はぬれてもショートしないようになっているということで、LEDライトを点灯しているときに雨が降ってきても大丈夫、汚れて水洗いしても大丈夫です。
USBバスパワーでバッテリを充電する製品が最近多くなっています。一方、特に電池の消耗が激しいスマホが普及し、スマホを充電するためにUSBバスパワー出力ができるモバイルバッテリをもつ人も多いと思われます。この自転車用のLEDライトも、モバイルバッテリで充電できるので便利です。なお、LEDが低消費電力であるからこそ、このような小さなバッテリで長時間点灯できるといえます。すばらしい。

LEDマニアのメルマガを購読する


製品 | 【2013-03-04(Mon) 07:43:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2スタイルを選べるLED光源のスタンドライト USBバスパワー駆動
ルームライトにもなるLEDスタンドライト[k-tai.impress.co.jp]

 ドリテックの「ラムード」(SL-105)を購入した。高さ約300mm、重さ約230gのLEDスタンドライトである。この製品の大きな特徴は、なんといっても1台で2通りの使い方が可能という点だろう。デスク上の照明だけでなく、室内の照明としても利用できるのである。
 読書などのためのデスクライトとしては、垂直のアーム先端から伸びたシェードに並ぶLEDで下方を照らすオーソドックスなスタイル。台座が小さく目立たない、“L”字を逆さまにした形のフォルムがユニークで、コンパクトで扱いやすいライトといえる。
 室内照明用のルームライトとする場合は、シェードを折りたたむようにアームと一体化するまで引き下げる。全体が円筒形になった状態でLEDを点灯させると、アームの半透明パネルを通した光が横方向の広い範囲を照らし出すのだ。シンプルではあるが、活用の幅を広げてくれる便利なシカケである。
--(cut)--


LED光源のスタンドライトです。特徴は、デスクライトとして上から机を照らすスタイルと、ルームライトとして部屋全体を照らすスタイルを切り替えることができる点です。特にルームライトとして使う場合には、柔らかい光がでるように工夫されています。
従来の光源である白熱電球や蛍光灯と異なり、LEDは、発熱が小さく、また、物理的に衝撃に強い等の特徴があります。そのため、いろいろな部分に搭載しやすく、製品の設計の自由度が上がります。アイデア次第で、いろいろな形状のLEDライト、いろいろな付加機能を備えるLEDライトなどが実現可能です。
なお、USBバスパワーで駆動するのも面白い点です。PC又はUSBハブなどから電源供給を受けられ、ケータイやスマホの充電など広く共通的に用いられるDC5Vで駆動します。部品の共通化などでコストの低減にも貢献しているのでしょう。おもしろい。


LEDマニアのメルマガを購読する


製品 | 【2013-02-14(Thu) 07:38:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

次のページ
Google

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。